ABBAオフィシャルファンクラブ日本支部のホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

『The Show-A Tribute to ABBA』日本公演終わる

9月10日月曜日、熊本を皮切りに始まった『The Show-A Tribute to ABBA』日本公演が19日水曜日、新宿文化センターを千秋楽とし、終了した。

一宮公演の中止、ほとんどの会場で「無料チケットばらまき」など数々の問題をはらんだ公演であったが、ABBAファンはそれでも裏切らず、彼女たちの公演を観に行った。

アグネタ役のカミラは「ザッツ・ミー」を歌う前に「この曲はABBAファンクラブジャパンの推薦曲です」「私たちの滞在中、多大なフォロー(バックアップ)をしてくれてありがとう。ABBAファンクラブに感謝します」と日本のABBAファンに御礼を言う場面があった。

2007年の公演に続き2回目の日本ツアーとなった『The Show-A Tribute to ABBA』。

2007年はABBAの成り立ちから現在までの「寸劇」形式だった。その為、前半は、ビヨルン&ベニーの古い曲が演奏され、来ていたファンをビックリさせた。

だが今回は今では観られないABBAを再現。

おまけに「アイ・ハヴ・ア・ドリーム」「サンキュー・フォー・ザ・ミュージック」では子供達が出てくる場面も(東京公演:新宿少年少女合唱団、広島公演:広島ジュニアコーラス、大阪公演:大阪すみよし少年少女合唱団)。

また「新しい試み」として「ザ・ウィナー」と「ワン・マン、ワン・ウーマン」を交互に披露する場面も。

新宿文化センターに来ていた観客に取材した。

「いいね、やっぱりABBAだね。でも(今日17日は)一日2回公演で、アグネタ(カミラ)のバックステップはまるで『おばあさん』のようにヨロヨロしていたね。観ていてかわいそうだった。彼女たちはもう50歳だろう?日本に来るのもこれで最後かな?」

「新宿文化センターはとにかく音が悪い!特に『イーグル』は何を歌っているかわからなかった。なぜ『ABBA GOLD』が3年続けて国際フォーラムC会場だったのに、『The Show-A Tribute to ABBA』は、ちんけな会場を使ったのだろう?しかも1万円もとりやがって。新宿文化センターなら5千円が限度だろう?これでは『The Show-A Tribute to ABBA』の美声もパフォーマンスも台無し!」

「ABBAファミリーの現役、ウルフが観られたのは嬉しかったが、かなり疲労困憊だった。もうステージには立てないんじゃないの?そういう意味で、ウルフのナマのサクスホーンを聴けたのは最高だった」

「なぜ観ている時にトイレに立つおばちゃんが多かったのか?主催者は『今回は休憩をせずに2時間公演をしますので、トイレに行く人は早めに行って下さい』とアナウンスすべきじゃなかったのか?それか『携帯トイレ』を渡して、その場でしてもらうとかね」

「『ハニー、ハニー』はサビの箇所だけではなくフルで聴きたかったね。なんで『ABBA GOLD』は全曲フルで歌ったのに『The Show-A Tribute to ABBA』は途中を端折るの?」

また近い将来、『The Show-A Tribute to ABBA』が来日することを願ってやまない。

ありがとう!『The Show-A Tribute to ABBA』!!

*一宮公演行なわれず

<曲目>

  1. SUMMER NIGHT CITY サマー・ナイト・シティ
  2. TAKE A CHANCE ON MEテイク・ア・チャンス
  3. I DO I DO I DO I DO I DOアイ・ドゥ、アイ・ドゥ
  4. FERNANDO悲しきフェルナンド
  5. ACOUSTIC MEDLEYアコースティックメドレー Slipping through my fingersスリッピング・スルー – Honey Honeyハニー、ハニー – S O SSOS – Our last summerアワ・ラスト・サマー)
  6. THATS MEザッツ・ミー
  7. INTERMEZZOインテルメッツォ・ナンバー・ワン
  8. EAGLEイーグル
  9. VOULEZ VOUSヴーレ・ヴー
  10. I HAVE A DREAM –(アイ・ハヴ・ア・ドリーム) only when there is a children choir 子どものコーラスが入る時のみ演奏
  11. THE WINNER TAKES IT ALL  /ザ・ウィナー&ONE MAN ONE WOMAN ワン・マン、ワン・ウーマン
  12. MAMMA MIAマンマ・ミーア
  13. KNOWING ME KNOWING YOU/ノウイング・ミー、ノウイング・ユー
  14. MONEY MONEY MONEY /マネー・マネー・マネー
  15. CHIQUITITAチキチータ
  16. DOES YOUR MOTHER KNOWダズ・ユア・マザー・ノウ
  17. DANCING QUEEN ダンシング・クイーン
  18. GIMME! GIMME! GIMME! /ギミー!ギミー!ギミー!
  19. SUPER TROUPER スーパー・トゥルーパー
  20. SO LONGソー・ロング
    -extra-アンコール
  21. WATERLOO恋のウォータールー
  22. THANK YOU FOR THE MUSICサンキュー・フォー・ザ・ミュージック

<来日メンバー>

Camilla Dahlin as Agnetha
Katja Nord as Frida
Jakob Melkstam as Björn
Bjoern McAteer Dahlberg as Benny
Ulf Andersson: ex-abba sax/flute player
Jonas Almroth: bass
Lina Löfstrand: saxophone/keyboard
Andreas Rydman: leadguitar
Hans Sjölander: drums
Maria Höglund: backingvocal
Cecilia Blomberg: backingvocal
Penelope Ainscow: Violin
Avdotia Lavrova-Fleury: Violin
Amy Hickox: Viola
Natalie Rozario: Cello
Kenneth Svoldgaard: Manager
Ole Bang: Tour Manager
Mathias Henriksen: Lighting Engineer
Jens Elsborg: Sound Engineer-FOH
Martin Koldbro: Sound Engineer-Monitor
Lenita Nord: Wardrobe
Marco Vannuzzi: Agent
Ersin Parlak: Production Assistant
Lisa Lim: Agent


ホームページ作成ホームページ制作京都
All contents on this site  c 1972-2012 ABBA MUSIC & MUSICAL IN JAPAN.
Please ask permission in writing before using anything published on this website.