ABBAオフィシャルファンクラブのホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

トリビュートバンド『ABBAマニア』、コロナ自粛の渦中、コンサート断行にABBAファンを悩殺!!

『ギミー、ギミー、ギミー、ギミー・ア・ブロリー! 』

・ABBAファンは、新コロナ社会の中で行なわれたコンサートの前に降ってきた雨が自分たちのせっかくのABBAスピリットを湿らせないようにフレアパンツの上に防水ポンチョを着用し、「ピクニックパッチ」の上でダンスを演じました。

・北ヨークシャーのスカンプストンホールで行なわれたABBAのトリビュート、ABBAマニアはABBAと全く同じ、精巧な衣装を身にまとっていました。

・チケットには「2人、4人、6人で利用」できる「ピクニックパッチ」、いわゆる「ソーシャル・ディスタンス」を順守することが記載されていました。
・あるABBAファングループは霧雨の中、フレアパンツの上に明るい黄色の防水ポンチョを着ていました。
・日が沈むと、ABBAの最も有名な曲の歌詞に合わせて、観客は舞台の下で踊り、歌いまくりました。

霧雨が降っているにもかかわらず、ABBAを愛する人たちはスウェーデンのポップ・スーパーグループABBAのトップ・ヒット曲をソーシャル・ディスタンスで囲われた、すなわち「ピクニック・パッチ」の中で歌いながら夜を過ごしました。

土曜日の夜、『ABBA最後のコンサート(1979年秋~1980年3月日本公演)』を2時間に渡って再現するために、ABBAと同じ、精巧な衣装を身に着けていました。

チケットには「指定された場所かつ、ソーシャル・ディスタンスを厳守したいわゆる〝ピクニックパッチ”~ 2人、4人、6人にいてください~」と記載されていました。

重い灰色の雲の中、あるグループはフレアズボンの上に明るい黄色の防水ポンチョを着ながら懸命に決まりを守っていました。

雨が止んだときにポンチョは脱ぎ捨てられました。

他のABBAファングループは傘を差したまま、雨で気分を害さないように努力していました。

太陽が沈むと、ABBAファンたちは70年代のABBAの最も有名な歌のいくつかの曲に合わせて踊り、一緒に歌うために足を動かし始めました。

チケットは一人29.50ポンドで販売され、その後、パークランドでさらに2つのショーが確約されていました。

トリビュートバンドとして名高い、ABBAマニアは、ウエストエンドで1999年に形成されて以来、あらゆる年齢層のABBAファンを楽しませてきました。いつもチケットは「売り切れ御免ごめん」です。

タムシン・スチュワートはアグネタ、ジョアンヌ・ハーパーはフリーダ、ダンカン・ウォルシュ=アトキンスはベニー、そそしてジャスティン・ブレットはビヨルンの役を演じています。

ABBAは周知の通り、1972年にストックホルムで結成され、1974年のユーロビジョン・ソング・コンテストで優勝して一躍有名になりました。

日が沈むと、観客はABBAの70年代で最も有名な曲に合わせて踊り、一緒に歌うためにステージに集まりました。

あるグループは、重たい灰色の雲がソーシャル・ディスタンスを脅かす中、フレアパンツの上に明るい黄色の防水ポンチョを着ていました。雨なんかに負けるものかとワインで心を温めていました。

ABBAファンたちは、雨が止むとポンチョを脱ぎ捨て、ウェリの上に着ていたスキンタイトなフレアのジャンプスーツなど、凝ったアンサンブルを披露しました。このグループは、デッキチェア3脚と食料袋を持参して夜の外出を楽しみました。

この家族は鮮やかな衣装とウィッグを身にまとい、ABBAをテーマにしたエンターテイメントの夜にダンスを楽しみました。

ABBAマニアは『ABBA最後のコンサート』2時間の再現のためにABBAと同じ、精巧な衣装を身に着けていました。チケットには、「ソーシャル・ディスタンス順守のための 〝ピクニックパッチ”」を守るよう書かれていました。

チケットは一人29.50ポンドで販売されました。

今回、ABBAマニアはニューヨーク・ブラスバンドの支援を得ました。7人編成のバンドは、マーヴィン・ゲイからジョージ・マイケル、シー・ルー・グリーンからスティービー・ワンダーまで実に幅広いレパートリーを持ち、彼らのファンキーでグリッティーなオリジナル曲を見事に演奏できるそうです。

土曜日の夜、ヨークシャー州モルトンで行なわれたABBAマニアのコンサートに到着したファンのチケットをチェック。霧雨のため、観客はウェリとレインジャケットを着用していました。

この3人の女性は、70年代をテーマにした夜外出用の服にドレスアップして、キラキラとフェイスステッカーを身に着けていました。太陽が後ろに沈む中、音楽に合わせて踊りました。

群衆は他のソーシャル・ディスタンスを保ちながら、ABBAマニア到着前にイベント会場に入っていきました。ABBAマニアのチケットはいつも完売なのです!

ピクニックスポットに集まった観衆たち、まずはジャズバンドを楽しみながらソーシャル・ディスタンスを保つよう心掛けていました。小さな白いプラークと白いペンキで各スペースがソーシャル・ディスタンスの目印です。

舞台上からの眺め。ABBAのトップヒット曲を歌うABBAマニア。観衆は限られたソーシャル・ディスタンスの中でさえ、かなりの数、集まりました。

夕方になると雲が広がり、音楽に合わせてきれいな夕焼けが見えてきました。観客は立ち上がって歓声を上げていました。

軽食スタンドの中から見た光景は、ソーシャル・ディスタンスゆえの空き空間を示しています。しかし、全体的には、今、現在での開催はこれがBESTなのでしょう。

熱唱するABBAマニア。

ABBAマニアのコンサートに到着したファンは、デッキチェアを脇に抱え、食べ物の袋を持っています。灰色の雲がイベントを台無しにしようとしていたので、このカップルはそれに負けじとレインジャケットを着ていました。

https://www.dailymail.co.uk/news/article-8677515/Abba-fans-refuse-let-rain-dampen-spirits-socially-distanced-concert.html


ホームページ作成ホームページ制作京都