ABBAオフィシャルファンクラブのホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

ABBAビヨルン、国連『国際少女の日』を前に、彼女たちの支援を正式に表明!!

ABBAのビヨルンは、彼の受けた教育が姉の時代よりも素晴らしかった経験を活かし、世界中の(現代の)女の子のために何かしてあげたいと考えています。

彼の経験は娘たちに生かされ、また、彼の人生の中で出会った女性たちからインスピレーションを得てきました。

「私は長い間、女性、特に強い女性に囲まれて生きてきました」とビヨルンは、日曜日の『国際少女の日』を前に現代の女性の訴え(声)に力を与える必要性があると説きました。

「現代の社会は依然として老人たちに支配されています。今のままでは女性の力を世に示すことも貢献してもらうこともできません。その為に私は彼女たちを支援したいのです」。

ビヨルンはまずAP通信にその意思(作品)を伝えました。

「世界を支配する老人たちを見てみましょう。少数の例外を除いて、彼らの力は女性を抑圧する文化、宗教、イデオロギーを牛耳っています」とビヨルンはAP通信の取材にこのように答えています。

ビヨルンは『国際女児の日』を支援する必要性について(AP通信からの依頼)書くことに触発されたそうです。

2011年、国連は10月11日を『国際少女の日』と宣言し、少女の権利を促進し、世界中の少女が直面する課題に取り組むことを宣言しました。

彼の取材の中で、これらの強力な男性がいかに「少女の子供の言動・行動」を恐れているかを語っています。

「グレタ・トゥンベルグを見ればわかる」と彼はAP紙に語り、現在世界で最も有名な10代のスウェーデンの気候変動活動家について語っています。「彼ら(世界を支配する老人たち)はとんでもなく怒ってイライラ感を募らせています。現在少女である彼女たち子供は、平等のため、より良い世界のために立ち上がろうとしています。それは彼ら(老人たち)にとって、あっては(変わっては)困る世界(世の中)のための強い象徴であるからです」。

ビヨルンは、彼の父親が(幼少期に)「姉よりも私(ビヨルン)が教育を受けることの方が重要だと思っていた」と語っており、その延長で男性ばかりのグループ『フーテナニー・シンガーズ』でキャリアをスタートさせたと述べています。しかし、彼は常に‟非常に探究心が強く、そしてとても懐疑的で正直だった”とも語っています。

「私たちが経験したような役割を男性と女性が両方が持つべきだということは、最初は理解できませんでした。またそのような平等に該当する理由を見出すことができませんでした。しかし徐々にそれは違うのではないか?と思うようになりました。女性も男性と平等であるべきだと」。30歳くらいの時に経験した視点の変化についてビヨルンはこのように述べています。「だから、当時は女性が何か大きなことをすると‟フェミニスト”と揶揄されたのだと思います」とも語っています。

その後のキャリアについては、「『マンマ・ミーア!』のようなプロジェクトのほとんどは、基本的に私が参加している女性のプロジェクトの一つですね」と付け加えています。

そして、彼の3人の娘たちは、常に強い女性の影響を受けてきました。

「3人の娘たちは、子供のころは普通の未来しか考えていませんでした。しかし彼女たちは強い女性を間近で見ることができました。アグネタは非常に強い女性で、私がABBA結成時に結婚した元嫁です。現在の妻のレナも、何年も何年も前から、とても強い女性でした」。

そして、6人の孫娘と次世代の若い女の子たちについては、彼は楽観的な考えを持っています。

「現在の彼女たちにとって、私は非常に楽観的です。彼女たちは自分の感じたことをそのまま述べることを恐れていませんからね」。

ビヨルンはまた、数ヶ月間の(コロナによる)独居生活からいくつかのポジティブなことを得ており、世界的なパンデミックが終われば、渡航の回数も減るだろうと考えているようです。

「それはある意味、非常に、非常に、非常に穏やかで、私にとってはとても良い考えに至ったのかもしれません。空港の間を急いでいるときには時間がないのはもう勘弁してほしいですね。(今回のパンデミックの自粛で)いろいろなことをする時間がありました」。

「個人的には、これからの私のミーティングの少なくとも80%のミーティングはズームやスカイプのような形で行なわれると思っています」と実際にZoomで語っています。

ABBAは2022年に結成50周年を迎えますが、ABBAから約束された新曲を待ちわびているファンのために、ビヨルンは口を閉ざしたまま哲学的に語ります。

「私は新曲についていろいろ言ってきたけど、それはたぶん違うだろうから、今は何も言わない方がいいと思っている。私が言えるのはそれだけだ」。

*APはABBA結成50周年を2021年と書いていましたが、筆者が2022年に訂正しました。

https://apnews.com/article/archive-b1d3a35b482944f2809a3cc913befae3


ホームページ作成ホームページ制作京都