ABBAオフィシャルファンクラブのホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

マドンナにサンプリングした時のABBAの反応は本当はどうだったのか?

マドンナとABBAは、異なる時代にダンスフロアを支配していました。マドンナはかつてABBAの名曲をサンプリングしたことがあります。彼女はバンドのメンバーに自分たちの曲を使用する権利を懇願しましたが、彼らの反応は以下の通りです。

1970年代後半、ディスコは死滅したのか、それとも死滅したのか?確かに、ABBAやドナ・サマーなど、このジャンルに最も関連するアーティストの多くは1980年頃には姿を消しました。しかし、その後まもなく、多くの新しいアーティストがディスコの影響を受け、ダンスミュージックを新しい方向へと導いていった。その筆頭はマドンナでした。

マドンナはR&Bからカントリー・ジャムまで、そのキャリアは百万遍の方向へと進んでいった。しかし2005年、彼女はアルバム『Confessions on a Dancefloor』でディスコのルーツに戻った。マドンナは『Confessions on a Dancefloor』を 究極のポップ・ダンス・レコード “にしたかったとAttitudeに語っています。

マドンナは、ABBA、ジョルジオ・モローダー、セローネなどのダンスアーティストにインスピレーションを求めました。マドンナはABBAの曲、1979年の「ギミー!ギミー!ギミー!」を、『Confessions on a Dancefloor』に収録されている「ハング・アップ」のためにサンプルしたいと考えていました。マドンナはABBAの曲をサンプリングするためにABBAから許可を得ようとした時のことを以下のように語っています。

「私はストックホルムにアシスタントを送り、手紙とレコードを持って彼らに懇願し、彼らにどれだけ私が彼らの音楽を崇拝しているかを伝え、彼らへのオマージュだと伝えました。それこそが真実なのです」「そして、彼らは私の懇願について考察してくれたのでしょうが、ベニーもビヨルンもすぐにはイエスとは言ってくれませんでした。ベニーとビヨルンは自分たちの音楽を誰にも試奏させなかったのでしょうね。でも即答してNOと言えたのに言わなかったんです」。

ガーディアン紙のインタビューで、ベニーはこの手紙にどのように反応したかを下記のように語りました。

「私はそれを額に入れたよ」。ベニーは続けて言います。「彼女のアシスタントがCDを持ってストックホルムに来て、私たちはそれを演奏しました。彼女のアシスタントがCDを持ってストックホルムまで来てくれたので、それを聴いてみました。でも、『ギミー!ギミー!ギミー』ではなく『ギミー!ギミー!』(曲の最初だけしか使わない) だから俺たちは言ったんだ。著作権は半分だよとね(笑)」。

「ギミー!ギミー!」の特筆すべきところは、(ABBAの本物の)「ギミー! ギミー! ギミー」の特徴的なインストゥルメンタル・リフです。このリフは 「ハング・アップ」の大きな部分を形成しています。両者の曲の類似性は疑問を投げかけます。どちらの曲が一般の人に好まれたのでしょうか?

その伝染性のあるフックにもかかわらず、ABBAの「ギミー!ギミー!ギミー!」はビルボード・ホット100には全くチャートインしませんでした(それでも1979年、ABBAにとっては、ABBA最大のヒット曲となりました)。ABBAはアメリカではチャートの大物ではなかったので、これは驚くべきことではありません。対照的に、「ハング・アップ」はビルボード・ホット100で7位に到達しました。これは文脈から見ても特に印象的です。ポップの女王は「ハング・アップ」をリリースした時には約25年も音楽を作っていたので、この曲は彼女のキャリアの中では遅い時期にもヒット曲を作れることを証明したのです-信じられないような偉業です。

 

なお「ハング・アップ」はシングルカットとしてはマドンナ史上最大の売り上げとなっています。

 

 

 

 

How ABBA Reacted When Madonna Tried to Sample 1 of Their Songs


ホームページ作成ホームページ制作京都