ABBAオフィシャルファンクラブのホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

ABBAがハッセルバッケンのかつての栄光を取り戻す方法はこうだ!!

ABBAがハッセルバッケンのかつての栄光を取り戻す方法はこうだ!!
ハッセルバッケンが「みんな」が集まる場所であったのは、もう昔のことです。 社交の場であり、パンチを飲む場であり、さらには「自慢の場」でもありました。
今、ハッセルバッケンはかつての栄光を取り戻します。 少なくとも、エンターテイメント界の重鎮であるビヨルンが決定すればの話ですが。 火曜日、ハッセルバッケンプロジェクトの協議が始まります。過去の素晴らしさを取り戻すために、多くの新しい建物を含むプロジェクトです。
それは、老人用の棚、温泉、音楽ステージ、展示室、80室の新しいホテル、新しい光の入り口、そして何よりも、1923年10月に古いパビリオンが焼失する前の、過去と同じように観光客を集める新しいパビリオンについてです。
しかし、ユールゴーデンでは多くの火事があったにもかかわらず、木造の建物がたくさんあったので、新しいパビリオンは木造で建設されるだろうと、Conni Jonssonと共にプロジェクトを推進しているビヨルンは語ります。木材以外のものは考えられません。
-セメント製造が二酸化炭素の排出量を最も多くしていることは明らかであり、私たちは持続可能な建築を目指しているので、重要なのは木材なのです。
– 彼らは一本一本の木とその根っこの位置をマッピングしました。そして、木の周りに建てること、つまり彼の言葉を借りれば「木が私たちに建築の余地を残してくれる場所」に建てることを保証する。
ハッセルバッケンの名前に反して、ヘイゼル(スウェーデン語でhassel)は最も一般的な木ではありません。その一方で、オークやニレ、シナノキはたくさんあります。
このプロジェクトを実現するために、2本の木が犠牲になりますが、その代わりに数本の新しい木が植えられます。
– 公園としての雰囲気を強めるためです」とビヨルンは言い、新しい歩道ができることで、このエリアがより利用しやすくなることを期待しています。
– 都市計画局からの要請で、既存の木から始めることになりました。 かつてのように建設しようとすると、もっと四角くなってしまい、さらに多くの木を取り除かなければなりません」と都市計画評議員のJoakim Larsson氏はハッセルバッケンのプロジェクトに賛辞を送っています。
– 繊細な環境ではありますが、文化、エンターテイメント、レストランなどのエリアを備えた国立都市公園の中のイベントパークになることも決まっています。 これは、1897年の万国博覧会以来、ずっと目指してきたことです」と市議会は言う。
テラスは、展示スペースを確保するために掘削されます。テラスは、2つの新しいパビリオンによって新たな命を吹き込まれる。とりわけ、ムーア人のパビリオンが再登場します。さらに、ハッセルバッケンの下の駐車場には、いわゆる男性用の棚が新設されます。
シーカスの下の駐車場も消えて、シーカスとハッセルバッケンをつなぐ広場ができます。
ハッセルバッケンの旧オールドマンズシェルフ(1816年建造)は、1964年にスカンセンに移設され、エスカレーターの下に設置されました。
オールドマンズシェルフという言葉は、20世紀初頭に、「成熟した」男性の会社が2階に座ってパンチを口にし、下のテラスで演奏される音楽を楽しんでいた場所についての造語である。
いずれにしても、ユールゴーシュ通りのすぐ近くに2つのオールド・メンズ・シェルフが存在することになります。
別の名前を考えなかったのか? 今年はスウェーデンの女性が選挙権を得てから100年目ということで、ラバーシェルフではどうでしょう?
– 本当にたった100年前のことなのか、まったく理解できません」とウルヴェウスは言う。 まず最初に起こることは、1930年代に建設されたライトポータルが、現代的な形で再び姿を現すことです。 建築許可はすでに下りています。 フェリーターミナルから見えるこのポータルは、以前と同じように、ユールゴーシュヴァーゲンの下のエリアをつなぎ、テラスやシルクへとつながっています。
ハッセルバッケンに関しては、「以前」がたくさんあります。 ここは、音楽を聴いたり、日曜のランチを食べたり、パンチを飲んだりと、娯楽を得るために行っていた場所です。 夏の日曜日には、日曜日に限らず、いわゆるパンチハーフが1,000個出ることも珍しくありませんでした。 また、7月26日の「ベル・マンデー」を祝うために、ハッセルバッケンに郵便物を送ってもらう常連客もいました。
協議期間は3月23日から5月10日まで。 その後、相談のまとめが行われます。 この問題が政治家のテーブルに上るのは、夏以降になりそうです。
では、いつまでに準備ができるのでしょうか?
– できれば2024年です。容積を含め、考えられるすべてのことを考慮しました。以前の容積や高さを超えてはいけません」とビョルン・ウルヴェウスは言い、この提案は「あらゆる方向から」擁護できると考えています。
– そして、ハッセルバッケンを100年前のような楽しさと文化の中心地に再現するよう、ハッセルバッケン、シルク、ABBA The Museumの3つを運営する会社に推薦したのは、実はストックホルム市であることを強調しています。

Så ska Björn Ulvaeus återge Hasselbacken dess fornstora glans – DN.SE


ホームページ作成ホームページ制作京都