ABBAオフィシャルファンクラブ日本支部のホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

ABBA・ザ・ミュージアム

来年、ストックホルムのDjurgårdenに、スウェーデン音楽の殿堂の一部として「ABBA・ザ・ミュージアム」が開館します。正確な開館日は近日中に発表され、チケットはこの秋に発売です。このリンクからSVTのビデオを見ることができます。また、ビョルンの英語でのラジオインタビューもあります。

当ファンクラブのスタッフも出席した今朝の記者会見で、ABBAのもとヘアメイク担当でありこのミュージアム企画にずっと関わっているIngmarie Hallingは、ストックホルムのミュージアムのサイズはロンドンより少し小さく、プラハと同じくらいの大きさになると話しました。展示物の半分はロンドンのもので、残りの半分はまったく新しいものになるということです。また、ロンドンの訪問者はインタラクティブ機能よりもコスチュームや記念品への興味が大きかったようなので、それに応じた変更もあるとのことでした。また、ごく小規模の出張展示会を開いて、訪れた人にストックホルムの「本物」に行きたいと思わせたい、という話もしていました。

ビョルンはこのミュージアム企画について、こうコメントしました。「まだ生きているうちにミュージアムの展示品になるのはとても抵抗がありました…。でも、時が経って、ABBAがしたことや経験したことは特別なことだとわかりました。シンデレラストーリーのようなABBAのストーリーは伝えていく意味があります。ただ、ベニーも私も、このミュージアムをもっと大きな企画の一部にしたかった。それで、20年代から現在までのスウェーデンのポップカルチャーを扱う、スウェーデン音楽の殿堂の一部となるわけです。」ビョルンは、展示される写真のうち、ある1枚がかなり気に入らない様子。それについてはこう話しています。「そうです。マントを付けたりして、例のスーパーヒーローっぽい衣装を着ている。これを見るたびに本当に吐き気がします。」

マガジン次号に、さらに詳しいインタビューやミュージアムの詳細情報を掲載します。

Click here

Click here

Click here


ホームページ作成ホームページ制作京都
All contents on this site  c 1972-2012 ABBA MUSIC & MUSICAL IN JAPAN.
Please ask permission in writing before using anything published on this website.