ABBAオフィシャルファンクラブ日本支部のホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

ビヨルン、ABBA発祥のベンチに戻る!

51年以上前、ビョルンとベニーはリンシェーピングにあるベンチで出会いました。それからABBAが結成されました。去年、新しいベンチが彼らを称えて作られ、今日はじめてビヨルンが体験しました。

「実際の場所に来てみると、なぜかとてもリアルに感じるよ。」と彼は言います。ビヨルンとベニーがリンシェーピングにあるベンチで初めて出会ってから51年になります。1966年6月5日、その日は、彼らのバンド、『フーテナニー・シンガーズ』『ヘップ・スターズ』がツアーに出た日でした。ラリーホテルでお祝いをした後、彼らはSlottsparkenの公園のベンチでギターをみんなで引き続けました。続きはだいたいあなたたちが語り継いでいる歴史どおりです。

去年50周年記念に、メモリアルが開かれ、新しくベンチが作られました。ビヨルンスがそこにいて、初めて試しに座っています。「私がここにきて気づいたことは、51年以上前に初めてこの公園で実際に一緒に座ったっていうことが、物理的に事実であるということです。あなたも実際にこの場所に来てみるとなぜかリアルに感じるだろうね。」と彼はNojesbladetに言っています。そして長い年月が過ぎました。二人は一緒に素晴らしい思い出を作り、初めの出会いはもう昔ほど新鮮ではなくなりました。「もうすごく前のことになるだから、写真を持っているんだ。けど、写真が真実だとしても、そうでないとしても、私は絶対言わないよ。」と彼は説明しています。

“ルームサービスを頼めますよ”ベンチ訪問の後、ビヨルンは、彼の故郷にある新しい彼のアパートのチェックに行きます。彼の会社がVastervikにゲストハーバーを買い、2億クローナをそのプロジェクトに投資したのは1月末でした。「Slottsholmenは将来、いや、すでにランドマークです。そしてそのマリーナは東海岸で1番のマリーナになるでしょう。ボートが好きな私がそう言っているんです。」と彼は言います。そのプロジェクトはレストラン、エンターテインメントエリア、そしてマリーナを含んでいます。「私はそれをエンターテインメントセンターのようなものにもしようと思っています。」と彼は言います。さらに、新しい建物は38部屋あり、彼自身が1つ所有しています。「そして、気楽な宿泊施設。私はただ自分が欲しいようにしただけなのです。例えば、ルームサービスを頼めるし、掃除も、自分でしたければ、自分でできますよ。バルコニーの下にボートも所有できます。」と彼は言います。

新しいおじいちゃん:しかし彼のプロジェクトはVastervikを訪れることだけではありません。彼は2018年の公開の”Mamma Mia: Here we go again”の映画と2019年に始まる”Mamma Mia, the party”のショーの仕事でロンドンにも行きました。彼には実行中の計画がたくさんあります。「そうです、私はとてもたくさんのことをしているようだけれども、委任はしているよ。」と彼は言います。彼には少しのお休みが必要です。なぜなら彼は新しくおじいちゃんになったのです。「私は以前にも5回おじいちゃんになったよ。また今、おじいちゃんになったんだ。だからこれで6人の孫がいることになるんだよ。素晴らしいことだよ。子どもも孫もみんな一緒に休みを過ごすんだ。そうすれば、全部で16人だよ。クリスマスにはスリランカにいくつもりだよ。」と彼は言います。

http://www.aftonbladet.se/nojesbladet/musik/rockbjornen/a/2WKJ4/bjorn-ulvaeus-tillbaka-pa-banken-dar-abba-blev-till

20170714abba

20170714abba2

 


ホームページ作成ホームページ制作京都
All contents on this site  c 1972-2012 ABBA MUSIC & MUSICAL IN JAPAN.
Please ask permission in writing before using anything published on this website.