ABBAオフィシャルファンクラブ日本支部のホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

ついに発売!ベニー・アンダーソン‘ピアノ’のすべて!!

伝説のABBAの昨曲家であり、共同創立者であるベニー・アンダーソンが21曲のソロピアノアルバムをDeutsche Grammophonからリリースします。

2017年8月18日、ストックホルム‐音楽をベースとしたエンターテインメント業界における世界的リーダーであるユニバーサルミュージックグループ( UMG )が今日、伝説のスウェーデン人の作曲家であり、ABBAの共同設立者であるベニー・アンダーソンがソロピアノの新しいアルバムを発表します。簡潔に、「ピアノ」と名付けられたそのアルバムは2017年9月29日に象徴的なクラシック音楽レーベルのDeutsche Grammophonからリリースされます。

アルバム「ピアノ」は、ABBAの曲や、彼のミュージカル、ほかのソロの曲や編曲したもののほかに、今までに聞いたことのない曲、ベニー自身だけによる演奏など、彼の腹心のグランドピアノで奏でた21曲の旅へとリスナーを連れていってくれます。アルバムはエンジニアでスタジオマネージャーのLinn Fijalとともに、彼の故郷ストックホルム中心地にある、Skeppsholmenの島にある、彼のRMVスタジオでレコーディングされました。

「ピアノ」のトラックリストは以下のようになります。

  1. I Let The Music Speak
  2. You And I
  3. Aldrig
  4. Thank You For The Music
  5. Stockholm By Night
  6. Chess
  7. The Day Before You Came
  8. Someone Else’s Story
  9. Midnattsdans
  10. Malarskolan
  11. I Woder (Departure)
  12. Embassy Lament
  13. Anthem
  14. My Love, My Life
  15. Mountain Duet
  16. Flickornas Rum
  17. Efter Regnet
  18. Trostevisa
  19. En Skrift I Snoen
  20. Happy New Year
  21. I Gott Bevar

これらの曲は、やさしく感動的で、感情にうったえかけるようなアレンジがされており、芝居気が強調されようにつくられています。また、クラシックのようなクオリティで、1972年にABBAが結成されて以来、世界中で何百万人もの人を感動させ続けているパフォーマンスと作曲になっています。このアルバムの音楽は、ベニーのメロディーへの深い才能、歴史の中で、彼の人生、キャリアを通して彼に刺激を与えてきた、たくさんの素晴らしいクラシックの作曲家のピアニストと分け合った才能を強化しました。

このアルバムの起源について話すと、ベニー・アンダーソンは「このアルバムをレコーディングする過程で、私が演奏すると選んだ曲は、私とは切っても切り離せない部分であると気づきました。それらの核に達しようとする中で、私は服を脱ぎ捨てれば脱ぎ捨てるほど、より音楽に近づくような気がすると気づきました。それが去年つくられたものであれ、40年前につくられたものであれ。奇妙なことに、私は記憶を演奏している気分なのです。」と言っています。

「私が過去に記録を残した方法とそれらすべてが楽しみの一部だったことはまったく違うものでした。」さらに彼はこう付け加えます。「たとえベース、ドラム、ギター、弦楽器、ボーカルがこれらの曲になかったとしても、私はそれらすべての要素がそこにはあると思うのです」。

ユニバーサルミュージックの会長でありCEOであるLucian Graingeさんは言いました。「ソロピアノのこの新しいコレクションは、私たちの時代の最も素晴らしい現代作曲家の一人として、ベニーのレガシーをさらなるものへとするでしょう」。

ユニバーサルミュージックグループ・中央ヨーロッパとDeutsche Grammophonの会長であり、Frank Briegmannは「ベニーの歌はポップミュージックに革命を起こしました。彼は革新者であり、最も素晴らしく、彼の分野で最も創造的な心を持っている人のうちの一人です。このアルバムで、彼の長いキャリアの中で今までに見たこともないような、何にも邪魔されていない、はっきりとした彼の音楽観を示しています。それとは別にベニーは彼自身が素晴らしいピアニストであるということ明らかにしており、これらの新しい解釈が彼の作品に対する新しい見通しを提供しています。ベニーは何度も異なった方法で、ファンを魅了し、感動を与えてきました。そして今、彼はそれをしようとしています。みんなと一緒に、Deutsche Grammophonで、私はこのアルバムを本当に楽しみにしています。そしてベニーにこの素晴らしいリリースをたたえ、おめでとうと言いたいです」と言っています。

アルバムから発表される一曲目はABBAのクラシックな”Thank You For The Music”の新しいバージョンですぐにダウンロード、ストリーミングで視聴できます。

アルバム「ピアノ」はDeutsche Grammophonで9月29日にリリースされます。

 


ホームページ作成ホームページ制作京都
All contents on this site  c 1972-2012 ABBA MUSIC & MUSICAL IN JAPAN.
Please ask permission in writing before using anything published on this website.