ABBAオフィシャルファンクラブ日本支部のホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

ベニーの「ピアノ」のレビュー

◆Aftonbladet(スウェーデンタブロイド紙)によるベニーの「ピアノ」のレビュー

5分の5!

20170927abba

ベニーの声は内なる強さを秘めています。

◆ベニー・アンダーソン

ピアノ

Deutsche Grammophon

それはメロディーに沈んでいくように素晴らしく、感動的です。ただ裸のように。もちろん私たちの多くは「Thank you for the music」や「The day before you came」などほかの多くのハートを勝ち取ってきたクラシック音楽に言葉を埋めることができます。しかし、それらは1989年11月のオリジナルより、今の方がよく聞こえる「「Stockholm by night」のような言葉がある傑作とたくさんの共通点があります。1970年代にABBAのためか、Piteaでのオルガン開幕式のために書かれたにも関わらず、「En Skrift I Snon」の現代版のように、すべては素敵に組み合わさっています。

ベニーは1966年の「Sunny Girl」も含め、それは美しく次の甘くよろめくような「Efter Regnet」と溶け合っていきます。「Chess」の「Anthem」はこのもろく壊れやすいバージョンで内側がやさしく育っていくようです。「Kristina from Duvemala」から彼は「I got Bevar」と「Aldrig」というあまり有名でないナンバーを選びました。

ベニーはもちろん、「I let the music speak」ではじめ、全21曲の彼の音楽は、ゆっくりと、そしてあなたの内側でより強く聞こえるように情熱的に語りかけてくれます。「Trostevisa」(Confort Song)は最良のうちの一つであり、そのアルバムは驚くような時代の私たちを心地よく癒してくれます。

一番いい曲:「I wonder (departure)」

20170927abba2

 

https://www.aftonbladet.se/nojesbladet/a/4yB66/benny-andersson-hors-starkare-inombords-an-det-mest-brusande-buller

 


ホームページ作成ホームページ制作京都
All contents on this site  c 1972-2012 ABBA MUSIC & MUSICAL IN JAPAN.
Please ask permission in writing before using anything published on this website.