ABBAオフィシャルファンクラブ日本支部のホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

ベニー、インタビュー①

MBW’s World’s Greatest Songwritersシリーズが世界的ヒットの裏側のポップ作曲家を祝います。今月私たちはABBAのメンバーで、バンドの時代を超えたヒットを共同で作った、ベニーと対談します。World’s Greatest Songwritersは、このデジタルの時代に、作曲家と出版社の価値を最大限まで引き出そうと懸命に努力している、global digital music collection societyのAMRAにより後援を受けています。

 

ベニーはABBAが今年のいつか、一緒にコンサートホールに戻ってくることに自信を持っています。残念なことに自分たちのショーのオープニングの夜にゲストとして、という可能性が高いのですが。

 

その興味を引くと同時に困惑する可能性は、願わくば、VRのデジタルの「経験」として現在、サイモン・フラーのXIXエンターテインメントとユニバーサルミュージック、そしてベニーとバンド仲間がクリエイティブディレクターとして、とりかかっているところです。

 

それは、1992年のABBA Goldコンピレーションアルバムや、ブロードウェイで8回目のロングランのミュージカル『マンマ・ミーア!』、さらにいつの時代も最も成功したイギリスのミュージカル映画であるウエストエンドのようなものを含め、彼らが一緒にやっていたころよりも、さらにこのスウェーデンのバンドを成功させるプロジェクトになるでしょう。

 

広く尊敬される商業的ジャガノートとしての、バンドのその後の人生は、いつも保証されているようには見えませんでした。

 

活動停止後の長い期間、(決して実際に発表されたわけではありませんが、ベニーが冗談っぽく、まだ活動停止中だよ。と主張しています)、彼らのレガシーは「後ろめたい喜び」という滑稽なフレーズとともに頑固に曇らされています。

 

それはもしかしたら、衣装かもしれませんし、ビデオかもしれません。それとも彼らが、イギリス人でもアメリカ人でもないからかもしれません。歌では絶対にありません。

 

このような素晴らしいバンドに再評価やリハビリが必要だという考えはナンセンスですが、もちろん、1992年のErasureのABBA-esque Epからは少し、動き始めているのもわかる文化的評価の変化を否定はできません。

 

しかし、生活ですり減らされ、離婚、名声、プレッシャー、興味を引くものであったり、するような、いくつか誤解の余地があります。

 

ベニーはそれを信じてはいません。ABBAは常にとても哀愁が漂っている、と彼は断言します。そして彼は的をえているのです。ファーストシングルのコーラス、ウォータールーは跳ねながら進むようでした。

 

I was defeated you won the war / Promise to love you forever more / Couldn’t escape if I wanted to / Knowing my fate is to be with you / Finally facing my Waterloo

 

正確には関係やキャリアをスタートさせるには最も上向きな感じではありませんでした。つまり、それがもしあなたの結婚の誓いだったら、、、

 

それからSOS? 文字通り、助けを求めた叫びだよ!ジョンレノンが、明らかに夢の中で生きている間に、平等で荒れた声明を発表したとき誰も彼を信じなかったことをも思い出させるよ。

 

MBWは、彼のキャリアのすべての段階からの歌を新しいバージョンでフィーチャリングした昨年のピアノアルバムのリリースからまもなくしてベニーに会いました。

 

彼が言うには、一人がピアノからのメロディーとコードを操り、世に出たときと同じ状態の裸の状態に戻した時、それらがまだ機能するかどうかを見ることが、目的なのです。

 

どうだと思いますか?それは機能するのです。基本のテストに戻るには、何年もの間を通して、伯母らしい歌たちの気質を証明することです。そしてだから、真の世界の素晴らしい作曲家の一人により、時間をやわらげ、時間とともに過ぎていくことに何の驚きもありません。

20180117abba

 

 

 


ホームページ作成ホームページ制作京都
All contents on this site  c 1972-2012 ABBA MUSIC & MUSICAL IN JAPAN.
Please ask permission in writing before using anything published on this website.