ABBAオフィシャルファンクラブ日本支部のホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』カウントダウン⑮

『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』封切りまであと3日となりました。当サイトでは毎日「サウンドトラック」に沿って、ABBAの名曲を解説していきたいと思います。

その第十五弾は「悲しきフェルナンド」。ABBA4枚目アルバムCD『アライバル』に収録』に収録されています。

劇中では、シェール、アンディ・ガルシアが披露しています。

「悲しきフェルナンド」FERNANDO  

 

この「悲しきフェルナンド」はもともとフリーダのソロ・アルバム用に作られたスウェーデン語の曲だった。しかし、この曲はスウェーデンの国境を越えてヒットする可能性を秘めている……そう気付いたビヨルンとベニーは、自分たちのナンバーとして、レコーディングしようと決意した。結局このアイディアは大成功。「悲しきフェルナンド」は数々の国でチャートのトップを飾った。特にオーストラリアでは十四週連続トップを独占、この記録に肩を並べられるのはビートルズの「ヘイ・ジュード」のみだ。恐るべきこの偉業の前には、ABBAはオーストラリアを初訪問し、テレビのスペシャル番組『ザ・ベスト・オブ・ABBA』を収録。これもまた記録を塗り替えるものだった。視聴率五十四%を稼ぎ、一九六九年の月面着陸をしのぐ数の視聴者を引き付けた。

その他、イギリスや西ドイツ、オーストラリア、メキシコなど世界十三カ国でナンバー・ワンに輝き、カナダやジンバブエ、フィンランドなど五カ国で二位、スペインで三位、ABBAがあまり受け入れられなかったイタリアでも六位をマーク。米国では最高十三位だった。「ダンシング・クイーン」と並ぶABBA最大のヒット曲となった。

日本ではABBAの〝第一次ブーム〟に火をつけたのがこの「悲しきフェルナンド」だった。パナソニック(当時:松下)のCMにも投与され、世界戦略でどうしても落としたかったオーストラリアで「悲しきフェルナンド」をナショナルのCMで起用し、見事にオーストラリアを口説き落としたのは今では〝逸話〟となって残っている。

ミュージカル『マンマ・ミーア!』ではドナが三人男性と久々に会う前に鼻歌を歌っているのが、この「悲しきフェルナンド」だ。

悲しきフェルナンド*歌詞翻訳

 

フェルナンド あなたには聞こえるかしら

私は今 昔のことを思い出しているの

星が出て 青く輝いていたあの夜を

炎の中に フェルナンド

あなたはやさしくギターを弾きながら

歌を口ずさんでいた

静まりかえった中で

私にはどこからか戦いを告げるドラムの音が

こだまするのが聞こえていた

 

フェルナンド 戦いは近づいていた

過ぎて行く時は永遠だと思われていた

 

そして 若かったから

誰も死について考えていないと思っていました

でも 今 あの時おもいきり泣きたかったことを告白することは

少しも恥ずかしくありません

 

あの夜、空気の中に何かがあった

星たちは、きらきらと輝いていて

星たちは私たち2人のために、そして自由のために輝いていたの

私たちは決して負けることも 後もどりすることも考えなかった

もし もう一度そのことをしなければならなかったら

私はおなじことをするでしょう

もし もう一度そのことをしなければならなかったら

私は同じことをするでしょう

 

フェルナンド あなたも年をとりました

長い間あなたの手の中に銃を見たことはないわ

あのドラムの音が聞こえるかしら?

フェルナンド

リオ・グランデを渡ったあの恐ろしい夜をまだ覚えてるかしら?

そして今もあなたの目を見ればわかる

この国の自由のために戦ったことを誇りに思っているのよ


ホームページ作成ホームページ制作京都
All contents on this site  c 1972-2012 ABBA MUSIC & MUSICAL IN JAPAN.
Please ask permission in writing before using anything published on this website.