ABBAオフィシャルファンクラブ日本支部のホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

『The Show-A Tribute to ABBA』ジャパン公演!間近!!④

6月と言えば、日本では梅雨真っ最中だが、北欧の国、そうスウェーデンは白夜だ。首都ストックホルムもほぼ白夜で、なかなか夜が来ない。しかし夏は短い。白夜はそんなスウェーデン人たちへの神様からの贈り物なのかもしれない。

 

6月半ばにスウェーデンに訪れた。早速『The Show』の中心メンバーであるカミラ(アグネタ役)、カーチャ(フリーダ役)、そしてABBAと多くの仕事をしてきたウルフに取材を試みた(敬称略)。

 

ストックホルムから車で30分ほどの湖畔のほとりのコテージにカミラは招待してくれた。聞くところによると、スウェーデンにはこうした湖沼が100,000はあるという。また年収400万円以上の90%の人たちが湖沼のほとりにコテージを持ち、夏のバカンスを楽しむ。620日頃からスウェーデン人は夏休みに入り、首都ストックホルムを離れ、コテージに向かう。一年間で唯一、それも「ひとときの休息」だ。

 

「私の自宅に取材者を迎えるのは初めてなのよ」とカミラが微笑むと、「独占インタビューも初めてよ」とカーチャが付け加えた。とても暖かい歓迎だった。

 

「この二人と仕事を始めて18年になるかな?LIVE700回は行なったね」。ウルフは終始、二人の女神に挟まれ、笑顔が絶えなかった。

「日本の曲はファン投票で決めるのでしょう?」

「どんな曲が選ばれるのだろう?ワクワクするわ」

「日本のファンはどんな曲が好きなの?」

カミラ、カーチャは今から日本に行くことが楽しみでならない。

 

ちなみにカミラは「サンキュー・フォー・ザ・ミュージック」、カーチャは「イーグル」が好きだという。

 

The Show』は世界中でコンサートを行なっているが、やはりABBA同様、欧州でのLIVEが圧倒的に多い。

 

ABBAの衣装と言えば、キモノがあったわね」

「日本で着ようよ」

「そうね、そうしよう」

衣装はABBAのデザイナー、ウーヴェ・サンドロームに作ってもらっているというのだから、トリビュート・バンドとしては異例中の異例だ。

 

ウルフと言えば、「アイ・ドゥ・アイ・ドゥ」のサクスホーンが特に有名だ。ウルフは当時を振り返る。「ビヨルンが電話してきてレコーディングに参加してほしいと言われました。当時違うスタジオの仕事で忙しかったのですが、ビヨルンに『僕のこと知っているよね?』と訊かれました。もちろんABBAのメンバーのことは知っていました。その前に一緒に仕事をしたことがありましたから。ちょうどそのとき(ABBA3枚目のアルバム)『ABBA』のレコーディングをするところで、スタジオに参加してほしいと言われたのです。もちろん誘われてとてもうれしかったですよ」。なんとウルフは「アイ・ドゥ・アイ・ドゥ」だけではなく、ABBA3枚目のアルバム『ABBA』のレコーディングにも参加していたのだ。

 

ウルフはサクスホーンだけではなく様々な楽器を演奏できる。1983年に発売されたABBA最後のシングル「アンダー・アタック」にもウルフは参加している。

 

ABBAとのレコーディングはとても素晴らしかったですよ。全員良い人たちで仕事がしやすかった。特に他のミュージシャンと特別に違っているわけではないです、もちろんABBAは良いミュージシャンですよ。初めてABBAと仕事をしたのがヨーロッパの歌のコンテスト、1974年のユーロヴィジョン(ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト)でした。

(ユーロヴィジョンで演奏した)「恋のウォータールー」でABBAは一躍有名になりました。それから一緒に仕事をさせてもらいました。特にピアノ奏者のベニーと良い仕事ができました。ベニーがピアノでサックスのパートを弾いて、私がそれを楽譜にしました。例えば『アイ・ドゥ・アイドゥ』でサックスを担当しました。ベニーがピアノでお手本を示して私が楽譜にして、サックスを吹きました(ベニーもビヨルンも楽譜が読めない)。この曲は、ある日曜日の朝、2.3時間で書き上げ、一晩中一緒に仕事をしました。そして違うスタジオで違う曲のレコーディングを2、3セッション行いました。ABBAとの仕事はいつも楽しめたし、やりやすかったです」。

 

ABBAと多くの仕事をこなしてきたウルフのサクスホーンがもうすぐ日本でも観ることができる!

さあ、あなたも『The Show』日本公演を是非、観に行こう!

 

★ツアースケジュール★

・9/10(月)18:30開場: 熊本市民会館*初日(オープニング)

・9/11(火)18:30開場:福岡サンパレス・

・9/12(水)18:30開場:上野学園ホール

・9/13(木)18:30開場:オリックス劇場

・9/14(金)18:30開場:一宮市民会館

・9/17(月・祝)13:30開場:新宿文化センター

・9/17(月・祝)17:30開場:新宿文化センター

・9/18(火)18:30開場:新宿文化センター

・9/19(水)18:30開場:新宿文化センター*千秋楽

 

チケット購入はこちら

■熊本・福岡・広島公演
チケットぴあ
E-plus
ローソンチケット
■大阪公演
チケットぴあ
E-plus
ローソンチケット
楽天チケット
Yahoo!チケット

■東京公演
チケットぴあ
E-plus
ローソンチケット
CNプレイガイド
熊本・福岡・広島公演についてのお問い合わせ・・ HIGHERSELF:082-545-0082
大阪公演についてのお問い合わせ・・・・・・・・ GREENS:06-6882-1224
東京公演についてのお問い合わせ・・・・・・・・ 株式会社うぼん:03-6388-0087

[インタビュー]“Mamma Mia”や“Dancing Queen”はじめ、なぜABBAの楽曲は世界中で愛される?『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』公開記念。The Beatles以降のポップスの更新に貢献し、マドンナやレディー・ガガに影響を与えたABBA。その足跡を国内唯一のABBA研究家に訊くhttps://fika.cinra.net/article/201808-abba

CINRA.NETさんの投稿 2018年8月24日金曜日

 


ホームページ作成ホームページ制作京都
All contents on this site  c 1972-2012 ABBA MUSIC & MUSICAL IN JAPAN.
Please ask permission in writing before using anything published on this website.