ABBAオフィシャルファンクラブ日本支部のホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

4月6日が『ABBAの日』ってご存知でしたか?

ABBAオフィシャルファンクラブとユニバーサル・ミュージックが制定したオフィシャルな記念日です。http://koyomi.vis.ne.jp/cgi/today/today.php?syy=2019&smm=4&sdd=6

1974年の今日、欧州最大の音楽祭『ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト』でABBAは「恋のウォータールー」を披露してグランプリ(優勝)に!

世界デビューのきっかけを作りました。


ABBAはベースのビヨルンと、キーボードのベニーがまず1966年に意気投合して『ビヨルン&ベニー』という名のデュオを結成して世界に挑戦。

しかし流行ったのはなんと「日本のみ」でしたが、「木枯らしの少女」は50万枚の大ヒットとなりました。

その後、ビヨルンはTV番組で知りあった婚約者のアグネタを、ベニーも婚約者のアンニ=フリード(フリーダ)をお互い紹介し、よく四人でピクニックに行っては、ビヨルンのギターで好きな曲を歌っていました。

実はこの4人、当時スウェーデンは全員「大スター」だったのです。

ビヨルンはフォーク・グループ『フーテナニー・シンガーズ』のリーダー、ベニーは“スウェーデンのビートルズ”と言われていたロック・グループ『ヘップスターズ』のキーボード兼作曲担当、アグネタは日本でいうところの安室奈美恵的存在の歌姫、そしてアンニ=フリード(フリーダ)は北欧ジャズ界のスターでした。

この四人の中ではビヨルンが一番有名でした。

アグネタもビヨルンの大ファンでした。

その為、初期のABBAはビヨルンのヴォーカルが目立つはそのためです。

四人は遊び程度にグループを結成しました。

その名も『ビヨルン&ベニー、アグネタ&アンニ・フリード』とただただ四人の名前を連ねたグループ名でした。

四人はそれぞれ所属先のレコード会社が違いましたので、スウェーデンのファンたちは、この“四人の夢の共演”も単なる「短期的な娯楽」としか捉えていませんでした。


そんなある日、いつものように四人でピクニックに行って、木陰で歌を歌っていたところ、突然ビヨルンが「たまにはアグネタとフリーダでデュエットしてみなよ」と提案。

この何気ない提案が以後、世界を虜にするABBAになるとは誰も思っておりませんでした。

しかしどうでしょう。

いざアグネタとフリーダがデュエットを始めると、何という“心地よさ”、何という“爽快さ”でしょうか?

ビヨルンはこの時のことを「頭の先から足の先まで電流が走った」と表現しています。

ここにABBAが誕生したわけです。


1973年「リング・リング」で臨んだ『ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト』ではスウェーデン国内大会で3位でした。

しかし「リング・リング」シングル英語盤、「リング・リング」シングルスウェーデン語盤、そしてアルバム『リング・リング』がスウェーデンの音楽ヒットチャートの1位~3位を独占!

「『ユーロヴィジョンの審査員(採点者)はどこに目が付いているんだ!」と怒られたとか怒られなかったとか。

とにかくスウェーデン国内では大騒ぎになり、翌年から審査員が全員替わるという大事態となりました。

リーダーのビヨルンはこの大事件に「もしかしたら本格的に世界を狙えるかもしれない」と決意を新たにし、翌年「恋のウォータールー」で『ユーロヴィジョン・スウェーデン国内大会』で優勝し、そしてこの日を迎えます。


1974年の『ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト決勝戦』はイギリス代表のオリビア・ニュートン・ジョンの優勝が確実視されており、誰もヨーロッパの田舎「スウェーデン」からやってきたABBAが優勝するとは想像しておりませんでした。

実際、イギリスで有名な賭け師達もABBAは眼中にありませんでした。

『ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト』は今でいうところのEU加盟国の各国で優勝したシンガーが国を代表して決勝戦を行ないます。

1974年の決勝戦の場所は「イギリス・ブライトン」でした。

『ユーロヴィジョン決勝戦』の前に各国の代表を紹介したTV番組ではBBCたるものがビヨルンのことを英語読みで「ボン」と紹介していたくらいですから、ABBAはノーマーク中のノーマークでした。

しかし決勝戦が始まるとどうでしょう。

キラキラの衣装を着て、厚底ブーツを履いたABBAは“グラム・ロック”の「恋のウォータールー」で審査員の悩殺!

ABBAは2位に大差をつけ“優勝”。

ここに、やがて“世界のABBA”になるABBAが誕生し、その日を記念して「4月6日」がABBAの日となりました。


ABBAは今年、『ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト』で優勝し“世界デビュー”を果たしてから“45周年”の記念すべき年。

秋には昨年冬に発表予定であった「新曲」をアバターで披露予定です。

ますますABBA人気は高まっています。

なお世界のレコード・CD売り上げランキングでは1位はプレスリー、ビートルズ、マイケル・ジャクソンの10億枚、4位はABBAの3億8千5百万枚でもうすぐ4億枚に達成します。

また1979年『国連・国際児童年』の際にギフト曲として国連に提供した「チキチータ」の売り上げは4億円。

この4億円は全てABBAの収入にはならず、国連に寄付されました。


皆様もたまにはABBAの曲を聴いてみてくださいね。

それから「筆者が35年」に渡って“世界でただ一人”主張してきたように「ABBAは活動停止」していただけで「解散」しておりません!!

それは昨年4月27日ABBA自身が声明で証明してくれました。

「ABBA、懐かしいなあ」なんて言わないでください!

ABBAは今秋「活動を再開」します!!

これからもABBAを応援していきましょう!!!


ホームページ作成ホームページ制作京都
All contents on this site  c 1972-2012 ABBA MUSIC & MUSICAL IN JAPAN.
Please ask permission in writing before using anything published on this website.