ABBAオフィシャルファンクラブ日本支部のホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

ミュージカル・ミーツ・シンフォニー、チケット売り切れ続出!!

先日、当サイトが紹介した『ミュージカル・ミーツ・シンフォニー アナザーステージ  THE GREATEST HITS FROM ABBA』のチケットが、当サイト紹介後、各プレイガイドで“売り切れ続出”で、今、「第二のチケット市場」でのチケット争奪戦がすさまじい。

そもそも『ミュージカル・ミーツ・シンフォニー』が始まったのは2012年。当初は「一夜限りの特別ショー」であったが、その後、毎年続き、今年はテーマが“ABBA”となった。一夜限りの公演が毎年続いた背景には今のミュージカル界の現状を見る必要がある。例えば、ある宝塚の女優が退団後したとする。その女優のファンは、その女優が宝塚退団後も追っかけをやめず、そのうちにファンクラブが出来、その女優が出演する『ミュージカル』や『演劇』には必ず行くようになる。そしてチケットは売れ、満員になる……。この現象は宝塚とファンを二分する“劇団四季”にも同じことが言えるようで、ある俳優が劇団四季退団した後、宝塚退団俳優と同じようにファンはその元劇団四季俳優を追っかける。結局、今のミュージカル界は“宝塚化”“劇団四季化”し、宝塚出身、劇団四季出身のお好みの俳優の公演へには必ず観に行くファンは“固定数”いるのだ。いわば、そうしたファン層で今の日本ミュージカル界は潤っていると言っても過言ではない。公演者の読売新聞に取材したところ「ABBAだからと言って特に宣伝する必要はないと思った。出演する演者のファンだけにPRすれば充分だと思った(ABBAファン、『マンマ・ミーア!』ファンには”特別に”告知する必要はないと思った)」とABBAファンや『マンマ・ミーア!』ファンのことは何一つ考えていなかった“真実”を語った言葉からも主催者の真意を測ることができる。2012年から続いている『ミュージカル・ミーツ・シンフォニー』の延長としか考えていなかったことを露見している。ABBAがいかにすごいミュージシャンで、今年がABBAにとって“記念すべき年”だということを全く無視している。今のミュージカル界の“汚点”とも言える行動だ。いや主催者の盲点と言い換えてもいいだろう。演者のファンだけのシンフォニーにしたかったのならばなぜ、キャッチフレーズを「ABBAファン、マンマ・ミーア︕ファン、そしてミュージカルファン、全ファン待望のステージが幕を開ける︕」としたのか?ABBAファン、『マンマ・ミーア!』ファンはチケットが取れないではないか!キャッチフレーズに『ABBAファン』『マンマ・ミーア!ファン』という名称を入れるならば“その責任”を追及してほしかった。しかも2002年8月7日に業界で決まった『マンマ・ミーア!』の言葉使いも間違っている(マンマ・ミーア!に『』を使用していない)。『CHESS』の時もそうだったが「わからないことはわかる人に確認」して行なうのが主催者・協力者・スポンサーの“使命”ではないのか?それとも「憲法改正の先頭」を行く読売新聞ならではの独断行動だったのだろうか?キャッチフレーズと全く異にしたPR方法、チケット販売方法に“新聞界の雄”である読売新聞社の神経を疑う。それを注意できないスポンサー・協力社からも『ABBAのイベントを行なう』真剣みが伝わってこないのは多くの『ABBAファン』『マンマ・ミーア!ファン』も同様な考えだろう。

結局、主催者も協力者もスポンサーも“真実”がわかっていないのだ。演奏曲は“世界第4位の売り上げ”(約4億枚)であるABBAではないか!もし当サイトで『ミュージカル・ミーツ・シンフォニー アナザーステージ  THE GREATEST HITS FROM ABBA』の紹介をせずに『ミュージカル・ミーツ・シンフォニー アナザーステージ  THE GREATEST HITS FROM ABBA』が終わった場合、ABBAファンや『マンマ・ミーア!』ファンは、こうした“ABBAの記念イベント”に参加できなかったことに腹を立て、かなりのクレームが読売新聞社に行ったと思われるが、いかが思われるだろうか?今、まさに行なわれている“チケット争奪戦”。しかも会場は“第二のチケット市場”。いずれ金券ショップでも出回るだろう。こんなチケットの売り方で『ABBAのイベント』が行なわれていいのか?甚だ疑問を感じる次第である。態度を変えない読売新聞社にはいささか残念である。

今年は“ABBAメジャー(世界)デビュー45周年”の記念すべき年!だ。当初の予定だと今頃は『ABBAター世界ツアー』も始まっていたのだが「ある法律的な事由」で大幅に延期になった。まずは昨年12月発表予定の“ABBAの35年ぶりの新曲”が今秋、お披露目される。

この記念すべき『ABBAメジャー(世界)デビュー45周年』に行なわれる“ABBAのイベント”は、ABBAファンにとっては“自分の人生にとって最大・最高に大事な行事”なのである。ABBAファンなら誰しも「すべての『ABBAのイベント』に参加したい!」と思うのは(ABBAファンの)本音(心理)だろう。主催者にも協力者にもお願いしたいのは「いつもABBAファンや『マンマ・ミーア!』ファン」のことをもっとまじめに“真剣に”考えてほしい、ということだ。そして今年が最も気を使わなけれないけない年の一つだと言うことだ。

チケット問題が解決することを願ってやまない。なお筆者もチケット争奪戦に巻き込まれたのは言うまでもない。

◎公演概要
『ミュージカル・ミーツ・シンフォニー アナザーステージTHE GREATEST HITS FROM ABBA』
<出演>
ピーター・ジョーバック、グニラ・バックマン、サラ・オレイン、海宝直⼈
オーケストラ︓読売⽇本交響楽団/指揮︓円光寺雅彦
<⽇時>2019.7.26(⾦)19:00開演
2019.7.27(⼟)13:00開演/17:00開演
<会場>東京芸術劇場コンサートホール(東京・池袋)東京都豊島区⻄池袋1-8-1

<チケット料金>:S席:9,800円、 A席:8,800円(全席指定・税込)
※未就学児のご入場はできません。
※本公演ではABBAの出演はありません。 楽曲はすべて英語歌詞です。

<公演公式サイト> https://mmsanotherstage2019.com/ 
<公式ツイッター>@MMS_ABBA( https://twitter.com/MMS_ABBA
<問い合わせ>
読売新聞 東京本社 事業開発部
03-3216-8606(平⽇11:00〜18:00)

◎チケット購入は以下にて!!

チケットぴあhttps://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1825886

キョードー東京https://www.kyodotokyo.com/musicalmeets-another

ローソンチケットhttps://l-tike.com/

イープラスhttps://eplus.jp/

楽天チケットhttps://ticket.rakuten.co.jp/

東京劇場ボックスオフィスhttp://www.geigeki.jp/ti/

<チケット料金>:S席:9,800円、 A席:8,800円(全席指定・税込)
※未就学児のご入場はできません。


ホームページ作成ホームページ制作京都
All contents on this site  c 1972-2012 ABBA MUSIC & MUSICAL IN JAPAN.
Please ask permission in writing before using anything published on this website.