ABBAオフィシャルファンクラブ日本支部のホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

『CHESS』第一幕、「Nobody’s Side」

もともと強気の性格なのか?それとも単なる自己チュウなのか?アメリカ・チェス・チャンピョン「フレディ」。『ワールド・チェス・チャンピョンシップ』という、またとないEVENTの中でさえも、「フレディ」の身勝手さに、相手ロシア陣営からは罵倒され、聴衆からは冷笑され、それでも「フローレンス」は「フレディ」をかばい続けてきたが、それも既に限界に来ていることを「フレディ」にホテルで告げる。堪忍袋の緒は切れてしまい、もうこれ以上は耐えられないと「フレディ」に訴えたのだ…。そもそも「フレディ」と「フローレンス」の出逢いは、彼女の生い立ちに起因することが大きい。「フローレンス」は冷戦下にあるハンガリーに生まれ、ブタペストの反乱が起きた1956年、2才の頃、母親に連れられ祖国を後にした。「フローレンス」は反乱が鎮圧された際に「蒸発」してしまった父の消息を掴めないままでいたが、どうにかして消息を突きとめようと決心する。「フローレンス」は「フレディ」のセコンドとして7年間、英国でのチェス・トーナメントで出会って以米、ずうっと「フレディ」に仕えてきた。だが「フローレンス」と「フレディ」とは殆ど同じ年令であるにも関わらず、二人の関係は、まるで母と子の関係のようだった。「フローレンス」は、今までずうっと、大人になれきれない「フレディ」を母のような暖かい心で支えてきたが、それも今日、終わりを告げることを確信する。そう、「フローレンス」は「フレディ」に愛想を尽かしてしまったのだ。そんな「フローレンス」の心の動揺を「フレディ」は察知することはできず、二人の口論はますます激化。「フローレンス」は、本当に心から信頼できるのは自分自身だけだという決意を新たに、二人の関係は修復不可能なまでに至ってしまうのであった。

Nobody`s Side (フォローレンス)    Click here Click here Click here ブロードウェイ版Click here

★Nobody’s Side★(フローレンス)

【フローレンス】
You want to lose your only friend?
Well, keep it up, you’re doing fine
Why this humiliation?
Why treat me like a fool?
I’ve taken shit for seven years
And I won’t take it anymore

【フレディ】
I’m only teasing Soviets
With gentle bonhomie
And you’ve a better reason to be anti-them than me.

【フローレンス】
There’s a time and there’s a place.

【フレディ】
Is this the girl who always said
She wants to know the truth?

【フローレンス】
There’s a time and there’s a place…

【コーラス】
1956 — Budapest is rising
1956 — Budapest is fighting
1956 — Budapest is falling
1956 — Budapest is dying

【フレディ】
I’d have thought you’d support
Any attack on these people
On the people who ran
Mindlessly over your childhood
Don’t let them fool you for
Thirty years on they’re the same

They see chess as a war
Playing with pawns just like Poland
If you walk out on me
They will have won their first battle
Wouldn’t your father
Have begged you to stay in the game?

【フローレンス】
He would — but he didn’t know you
He’d loathe your behaviour and so do I —
Why’d you have to do this to me?

What’s going on around me
Is barely making sense
I need some explanations fast
I see my present partner
In the imperfect tense
And I don’t see how we can last
I feel I need a change of cast
Maybe I’m on nobody’s side

And when he gives me reasons
To justify each move
They’re getting harder to believe
I know this can’t continue
I’ve still a lot to prove
There must be more I could achieve
But I don’t have the nerve to leave

Everybody’s playing the game
But nobody’s rules are the same
Nobody’s on nobody’s side
Better learn to go it alone
Recognize you’re out on your own
Nobody’s on nobody’s side

The one I should not think of
Keeps rolling through my mind
And I don’t want to let that go
No lovers ever faithful
No contract truly signed
There’s nothing certain left to know
And how the cracks begin to show!

Never make a promise or plan
Take a little love where you can
Nobody’s on nobody’s side
Never stay too long in your bed
Never lose your heart, use your head
Nobody’s on nobody’s side

Never take a stranger’s advice
Never let a friend fool you twice
Nobody’s on nobody’s side
Everybody’s playing the game
But nobody’s rules are the same
Nobody’s on nobody’s side

Never leave a moment too soon
Never waste a hot afternoon
Nobody’s on nobody’s side
Never stay a minute too long
Don’t forget the best will go wrong
Nobody’s on nobody’s side

Never be the first to believe
Never be the last to deceive
Nobody’s on nobody’s side
Never make a promise or plan…


ホームページ作成ホームページ制作京都
All contents on this site  c 1972-2012 ABBA MUSIC & MUSICAL IN JAPAN.
Please ask permission in writing before using anything published on this website.