ABBAオフィシャルファンクラブ日本支部のホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

『CHESS』第二幕、愛、それは一番大切なモノ

「フレディ」は強引に「アナトリー」陣営に乗り込もうとする。「フレディ」の、あの、いつもの調子のエキセントリックさは、「アナトリー」は嫌という程、理解している。重くのしかかる「フレディ」へのストレス。しかし「アナトリー」のチェスへのセンスはズバ抜けている。最初の2ゲームをあっさりと勝ち取る。「アナトリー」の連勝がここで滞ることになったら、ソ連から人手したという「フローレンス」の父にまつわる話を「フローレンス」には入れずにおくぞと、「フレディ」は切り出した。「フローレンス」の父…この悄報とは実は「フローレンス」にとって、好ましい情報ではなかった。「フローレンス」の父は、実は英雄ではなく、「裏切りモノ」で、多く人の同士の死を招いた張本人だったのだ。「フレディ」の、狐か狸のような人間性。果たして、彼の言葉を話を信じるべきか否か。「アナトリー」は迷いに迷い、「フレディ」の脅しを拒否してしまう。「フレディ」は「フローレンス」の父の秘密を言いたくて仕方がないのだ。「フレディ」は懲りずに今度は「フローレンス」に取り引きを迫る。「フローレンス」が「フレディ」の元に戻ってくれるのならば、二人は〝史上最高のチーム〝に成るばかりか、「フローレンス」が逐次望んでいた「フローレンス」の過去についての情報を全て提供しよう「フローレンス」に迫る。しかし「アナトリー」と「フローレンス」の愛は堅かった。彼女もまた取り引きを拒むのであった。

「フレディ」の企みもこれにて終了か?「フレディ」人は、彼自身の抑圧感と「フローレンス」から又してもフラレタことで、ついに噴火してしまったのだ。やはり「フレディ」はそもそも精神的におかしかったのか?それとも寂しさ「孤独」ゆえか。「フレディ」は完全に挫折する。

★Pity the Child★(フレディ) Click here Click here Click here

ブロードウェイ版 Click here

When I was nine I learned survival
Taught myself not to care
I was my single good companion
Taking my comfort there
Up in my room I planned my conquests
On my own, never asked for a helping hand
No one would understand
I never asked the pair who fought below
Just in case they said no
Pity the child who has ambition
Knows what he wants to do
Knows that he’ll never fit the system
Others expect him to
Pity the child who knew his parents
Saw their faults, saw their love die before his eyes
Pity the child that wise
He never asked, did I cause your distress?
Just in case they said yes
When I was twelve my father moved out
Left with a whimper not with a shout
I didn’t miss him, he made it perfectly clear
I was a fool, and probably queer
Fool that I was, I thought this would bring
Those he had left closer together
She made her move the moment he crawled away
I was the last the woman told
She never let her bed get cold
Someone moved in, I shut my door
Someone to treat her just the same way as before
I took the road of least resistance
I had my game to play
I had the skill, and more – the hunger
Easy to get away
Pity the child with no such weapons
Do defence, no escape from the ties that bind
Always a step behind
I never called to tell her all I’d done
I was only her son
Pity the child but not forever
Not if he stays that way
He can get all he ever wanted
If he’s prepared to pay
Pity instead the careless mother
What she missed, what she lost when she let me go
And I wonder, does she know
I wouldn’t call, a crazy thing to do
Just in case she said, who?


ホームページ作成ホームページ制作京都
All contents on this site  c 1972-2012 ABBA MUSIC & MUSICAL IN JAPAN.
Please ask permission in writing before using anything published on this website.