ABBAオフィシャルファンクラブ日本支部のホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

『CHESS IN CONCERT』セカンドヴァージョン㉓1986年『CHESS』アイ・ノウ・ヒム・ソウ・ウエル/I KNOW HIM SO WELL

ゲームに勝つためにフローレンスの元を去らなければならないとアナトリーは主張するのだった。フローレンスは部屋にひとり残され、そこにはスベトラーナの姿がまだテレビに映っていた。フローレンスは今去ったばかりの恋人を思い、どれほど自分が彼を理解しているかを想う。一方スベトラーナはどれほど夫を理解しているかと考えるのだった。(アイ・ ノウ・ヒム・ソウ・ウエル)

<アイ・ノウ・ヒム・ソウ・ウエル/I KNOW HIM SO WELL>

http://www.youtube.com/watch?v=LeMk7B46xg8

http://www.youtube.com/watch?v=3hqnfbkxLlo

http://www.youtube.com/watch?v=7eO0hhfq5RM

http://www.youtube.com/watch?v=sF1hIaHKANk

(特別:スーザン・ボイルデュエット参加)

[フローレンス]

素敵なものには終わりがある

完璧な場合もどこからかひびわれが

それでもなるだけ多く

長くいい時間が欲しい

振り返ると思う あの時違う風にしていたらと

もう少し時間が持てたのにと

彼を知るのに時間がかかったの

今の私には彼の事だけはよく分かる

素晴らしがったわね(スベトラーナ:素晴らしかったわ)

彼は素敵だったわね(スベトラーナ:そう、とっても)

全く馬鹿みたい

[二人一緒に]

私のものにならないなんて

[フローレンス]

最後に私じゃ物足りない…もっと安全なもの

[スベトラーナ]

夢と自由が必要なのよ

[二人一緒に]

彼の事はよく分かる

[スベトラーナ]

人生いつも連れそう人などいない

側について味方しても完璧になんて無理

彼の側にいるために私の世界を変えたとしても

二人の溝は深すぎる

振り返ると思う、あの時違う風にしていたらと

(フローレンス:振り返ると思う、他の道もあったのにと)

恋の虜になる前にもっとよく知るべきだった

(フローレンス:少し気を許していたのが)

当時は私も若かった

(フローレンス:今、彼の事がよく分かる)

彼の事がよく分かる

素晴らしかったわね(フローレンス:素晴らしかったね)

彼は素敵だったわね(フローレンス:そう、とっても)

全く馬鹿みたい

[二人一緒]

私のものにならないなんて

事の成行きに

気づいてた?

分かっていたなら

何故傷つくの?

[スベトラーナ]

素晴らしかったわね

彼は素敵だったわね

[フローレンス]

全く馬鹿みたい

[二人一緒に]

私のものにならないなんて

[フローレンス]

最後に私じゃ物足りない…もっと安全なもの

[スベトラーナ]

夢と目由が必要なのよ

[フローレンス]

彼の事がよく分かる

[スベトラーナ]

彼を知るのに時間がかかった

[二人一緒に]

彼の事がよく分かる

[FLORENCE]

Nothing is so good it lasts eternally

Perfect situations must go wrong

But this has never yet prevented me

Wanting far too much for far too long.

Looking back I could have played it differently

Won a few more moments who can tell

But it took time to understand the man

Now at least I know I know him well

[FLORENCE]

Wasn’t it good?

Wasn’t he fine?

Isn’t it madness

He can’t be mine?

[SVETLANA]

Oh so good

Oh so fine

He can’t be mine?

[FLORENCE]

But in the end he needs

A little bit more than me —

More security

[SVETLANA]

He needs his fantasy

And freedom

[FLORENCE]

I know him so well.

[SVETLANA]

No one in your life is with you constantly

No one is completely on your side

And though I move my world to be with him

Still the gap between us is too wide.

[FLORENCE]

Looking back I could

Have played things

Some other way

[SVETLANA]

Looking back I could

Have played it

Differently

Learned about the man

Before I fell

[FLORENCE]

I was just a little

Careless maybe

[SVETLANA]

But I was

Ever so much

Younger then

Now at least

[FLORENCE]

Now at least

I know him well

[BOTH]

I know I know him well

[SVETLANA]

Wasn’t it good?

Wasn’t he fine?

Isn’t it madness

[FLORENCE]

Oh so good

Oh so fine

[BOTH]

He won’t be mine?

Didn’t I know

How it would go?

If I knew from the start

Why am I falling apart?

[SVETLANA]

Wasn’t it good?

Wasn’t he fine?

[FLORENCE]

Isn’t it madness

He won’t be mine?

[SVETLANA]

He won’t be mine?

[FLORENCE]

But in the end he needs a

Little bit more than me —

More security

[SVETLANA]

He needs his

Fantasy and freedom

[FLORENCE]

I know him so well

[SVETLANA]

It took time to understand him

[BOTH]

I know him so well

続く


ホームページ作成ホームページ制作京都
All contents on this site  c 1972-2012 ABBA MUSIC & MUSICAL IN JAPAN.
Please ask permission in writing before using anything published on this website.