ABBAオフィシャルファンクラブ日本支部のホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

『CHESS IN CONCERT』セカンドヴァージョン㉕1986年『CHESS』かわいそうな子/PITY THE CHILD

フレディは、彼自身のフラストレーションとフローレンスの拒絶が原因で、自己憐憫(じこれんびん)と怒りの感情をついに爆発させ激怒する。(かわいそうな子)

<かわいそうな子/PITY THE CHILD >

http://www.youtube.com/watch?v=MYyqeIx1bNY

http://www.youtube.com/watch?v=Z0Jrld6hKHY

http://www.youtube.com/watch?v=_gN4_JijBkY

9オの時生きる事を学んだ

思いやりは無用だとずっと言い聞かせてきた

友達は自分だけ

それが一番楽でいい

コ階の部屋に閉じこもり征服を企てた

独りっきり

人の肋けを求めた事は無い

誰にも分かるが

下で喧嘩する両親に尋ねる事も無かった

拒まれるのが怖かった

かわいそうな子、野心もあり

夢もあったが

はみだしっ子

人の期待にはそえなかった

かわいそうな子、親を見透していた

彼らの欠点

愛の壊れていく様を見つめてた

かわいそうな子、知恵があった

僕のせいで辛いのと聞く事もなかった

うなずかれるのが怖かった

12オの時、親父が家を出ていった

わめかずすすり泣きながら

寂しくないさ、全てはっきりしてくれた

俺は馬鹿で変屈だと

馬鹿な俺、残された者同志

絆が強まると思ったりして

おふくろはすぐに身をひる返し

俺に最後に言った

ベツトにゃ男のぬくもりが必要なのよと

男が家へ入り込んできた 俺はドアを閉め

それから同じ様な事の繰り返し

一番安易な道を選んだ

俺にはゲームが向いている

腕もいいがそれよりも…空腹

全てからの逃げ道

かわいそうな子、武器も無い

まるで無防備

しがらみに縛られ逃げられなくて

いつも一歩身をひいてた

おふくろに様子を知らせる電話などかけない

あいつの息子と言うだけだった

かわいそうな子、でも永遠じゃない

全て彼しだいだから

欲しい物は何でも

お金が有れば手に入る

あわれなのは無知な田親

今頃くやしがっているぜ

俺を失い、何を失ったか

知っているのが

電話などするか…そんな馬鹿な事

誰?と言われるのが怖いから

[FREDDIE]

When I was nine I learned survival

Taught myself not to care

I was my single good companion

Taking my comfort there

Up in my room I planned my conquests

On my own — never asked for a helping hand

No one would understand

I never asked the pair who fought below

Just in case they said no

Pity the child who has ambition

Knows what he wants to do

Knows that he’ll never fit the system

Others expect him to

Pity the child who knew his parents

Saw their faults

Saw their love die before his eyes

Pity the child that wise

He never asked “Did I cause your distress?”

Just in case they said yes

When I was twelve my father moved out

Left with a whimper — not with a shout

I didn’t miss him — he made it perfectly clear

I was a fool and probably queer

Fool that I was I thought this would bring

Those he had left closer together

She made her move the moment he crawled away

I was the last the woman told

She never let her bed get cold

Someone moved in — I shut my door

Someone to treat her just the same way as before

I took the road of least resistance

I had my game to play

I had the skill, and more — the hunger

Easy to get away

Pity the child with no such weapons

No defense, no escape from the ties that bind

Always a step behind

I never called to tell her all I’d done

I was only her son!

Pity the child but not forever

Not if he stays that way

He can get all he ever wanted

If he’s prepared to pay

Pity instead the careless mother

What she missed

What she lost when she let me go

And I wonder does she know

I wouldn’t call — a crazy thing to do

Just in case she said who?

続く


ホームページ作成ホームページ制作京都
All contents on this site  c 1972-2012 ABBA MUSIC & MUSICAL IN JAPAN.
Please ask permission in writing before using anything published on this website.