ABBAオフィシャルファンクラブ日本支部のホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

『CHESS』⑫公園で(フレディとアナトリー)/エンドゲーム/エピローグ~第二幕終了~

ソ連の〝CHESS・マシーン〟との戦いは5勝5敗となった。アナトリーは混乱していた。自分が勝てばフローレンスの父親は帰ってこない。だが負けることは世界チャンピョンとして許されることではない。このまま逃げるわけにはいかず、アナトリーはCHESSの試合を続けなければならなかった。自分に襲い掛かってきた様々な問題から逃れて気持ちをCHESSに戻そうと、アナトリーはバンコクの公園で一人打つ手を考えていた。そして突然、隣に立っているフレディに気づく。アナトリーは、このかつてのライバルはCHESSのことを話したいだけなのだと分かって驚かされる。フレディは、ゲームを見ていて気が付いた挑戦者ビガンドの弱点を挙げる。

chess

スコアは5対5、どちらにとっても勝利まであと1ゲーム。アナトリーが負け、ビガンドが新チャンピオンになるだろうと会場の誰もが思っていた。偉大なCHESS・プレイヤーがいつの時代もそうであるように、アナトリーは、自身の複雑な人生に翻弄されている。政治の世界で、またプライベートでも、フローレンスに、スヴェトラーナに、モロコフに、ビガンドに悩まされている。自分が自分に正直でいられるたった一つの方法は、ゲームで最高のスキルを見せることだ。アナトリーは、フレディが公園で見せたように、CHESSを通して自分自身を取り戻し始める。アナトリーは、困難な状況を乗り越えて勝利する。

musical

フローレンスとアナトリーは、一緒にいられる時間が終わったことを知る。だが、お互いへの愛情は終わっていない。アナトリーはモロコフから提示された「フローレンスのお父さんを戻す」為にソビエトに帰順することを決めた。そう、アナトリーはCHESSの戦いに負けるか、あるいは勝ってソビエトに戻れば、フローレンスのお父さんは牢獄から解き放たれることを約束されたのだ。従順で真面目なCHESS世界チャンピョン防衛者アナトリーは、自分がソ連に帰ることでフローレンスの父親が解放されたのであればいいと願う。

chess2

アナトリーが去った後、フローレンスは、アナトリーが自分の父親の為にソ連に無理やり帰国したことを知り、唖然とする。そこへ、ウォルターが父親の新しい情報を手に、フローレンスににじり寄るのだった……。フローレンスのお父さんが本当に生きていることなんて誰も知らない、ましてや、そのお父さんがフローレンスのもとに戻ってくるなんて……。

musical01

フローレンスは一人残され、天を仰ぐ……。

s_Shannon-Warne

エピローグ:それにしても、二人の関係は本当に終わったのだろうか?フロ―レンスもアナトリーも離ればなれではあるが、互いに心をかけ合い、これはハッピーな事件だったと思っていた。CHESSゲームと同様に恋のゲームも様々なバリエーションで駒は打てる、おそらくこれも膠着状態に陥ってしまった多くのゲームの1つにすぎないのかもしれない……。

8

人生とは誰かの手によって邪魔されたり、逆にチャンスを得たり。それでも人は人として生きていかなければならない。例え、誰かの見えざる手によって行く手を阻まれても……。今後、どうなるかなんて誰にもわからない。今は今の自分をありのまま引き受けること、それが大事だと分かった時、人は次の一歩を踏み出せるのである。FIN

gp-chess-in-concert_t614

chess_musical

http://www.youtube.com/watch?v=-9Kb_L45vjg

http://www.youtube.com/watch?v=hjryn5M85z8 ←「ユー・アンド・アイ」(リプライズ)

http://www.youtube.com/watch?v=WyI5hkplmoc ←1986年当時の「ユー・アンド・アイ」

 

<エンドゲーム、ユー・アンド・アイ・リプライズ>

 

<エンドゲーム>

[モロコフ]

信頼のおけるプレイヤーを持つと

ゲームもスムーズ

忠義や天性を信じ

同士に誠を尽くす者に仕えること

それは心の安らぎ

 

[フレディ]

きみの満足感を増すなんて

俺の趣味じゃない

悲しむ者もない

今は亡き雇い人も

奴が勝てるのはチェスだけと知っている

 

[モロコフ]

弱者のみ

自由について下劣なうそを受け入れる

自分の身を売り

見せかけのスターライトを追い求める

つまらないものが彼らをみるみる堕落に導く

 

[フローレンス]

名声や物欲にもひれ伏さず

人間の努力の極みに

存在するプレイヤーがいるのでしょうか?

それが人間を駄目にするんだわ

ライバルでもない年令でもない成功でもない

 

[アナトリー]

皆な期待しているだろう

途方に暮れて次の手も

身のふり方も

分からない

私生活が

堕落に拍車をかけ

大きな夢が崩壊する

ひどい奴、劣等な奴

目の見えない奴らめ

私を同類とみなすとは……

誰もが

私より先に

自分の失敗をかさに

家庭のぬくもりを求めて

夫にそして恋人に

なれるだろう

自己否定は

最悪だ

相手の要求を満たす為

終わりのないテストが頻繁に行われ

リハーサルを繰り返す

まっぴら御免だ

 

[スヴェトラーナ]

あなたの頭の中には

このたわいも無いゲームのどよめきだけしかないのね

あなたの勝利は神秘主義者や偏執狂

ヒステリー達と分かち合うだけ

彼らは自分達の回りの出来事など

気にもとまらない

愛する者をもなおざりにし、出会いの時と変わりなく去って行く

まともな人間は

あなたなどに愛想を尽かし

あなたを信じた者のために涙してくれるでしょう

 

[アナトリー]

全て分かっている

ことばかり

私の心のブルースを聞いてくれ

私の心の慰めよ

やっと真の任務を見つけたんだ

(人々の声援)

 

[スヴェトラーナと人々]

彼らの叫び声を聞いて

決めるのをずっと見ていたのよ

彼らは疑わなかった

あなたが芸術にかけ

苦悩に耐え抜き

ついには勝利者になる事を

この献身

心動かされない

者など無い

かつてない大喝釆

その技術と根性は

若い初心者のお手本

誰もが魅了されている

しかしその絶妙さが当然の事と

思う者は無い

批評家が手を抜くなんて

まずないし

あなたは彼らのハートを

勝ち得たのよ

日夜積まれた

血と汗と涙の年月

心から敵意を表したい

ほら、まただわ

あなたの業績が

彼らを燃え立たさせ、かりたてる

でも誰が彼らを手慣づけたいとでもいうの?

あなたの一部分をもし彼らが望んだら

誰が彼らを責められる?

(人々がまた声援をあげている)

 

[アナトリー]

きみは私に教えてくれているわけか

 

[スヴェトラーナ]

傷ついてないのはあなただけだから

 

[アナトリー]

私の成功を何故憎むのか?

 

[スヴェトラーナ]

私は這いつくばらないから

あなたは駒と売女にくっついていればいいわ

 

[アナトリー]

きみのその毒のある言葉、私への無理解を証明している

全然、私の気持ちなんてわかっていない

 

[スヴェトラーナ]

うそつき

(お互い、うそつき、違う、うそつき……を言い合う)

 

[一緒に]

全て分かっている

ことばがり

心のブルース聞いてくれ

私の心の慰めよ

 

[スヴェトラーナ]

やっと真の任務を見つけたのよ

 

[アナトリー]

この世の中で私の仕事

私の名前

私の成功.私の名声

そして私の自由を

取りあげる権利を

主張しない者はいないのか

 

 

<ユー・アンド・アイ・リプライズ>

[アナトリー]

きみを求め

きみを愛していると知りながら

何故に無頓着でいられるのか

説明なんて出来はしない

 

[フローレンス]

私か馬鹿だったわ

夢が叶うと期待し過ぎてしまったの

 

[アナトリー]

こんなにきみを愛しているのに何故に動きがとれないのか

 

[二人一緒に]

だらだらと長い行列の中で

私は毎日毎晩祈っている

そのうち悲しみに押し潰されてしまいそう

あなたと私

全て一緒に見てきた

互いの心のおもむくままに

だけど私達の場合

無理にハッピーエンドを

装っている

 

[アナトリー]

尽くすだけ

尽くしてくれたきみ

でも何放心は

悶々としているのだろう

 

[フローレンス]

もう振り返らない

もし振り返ってもそれはほんの一瞬だけ

 

[アナトリー]

きみの事、理解していたと言えるだろうか

 

[二人一緒に]

今日聞いていて分かったのは

もうこの関係に打ち込めない自分

自分に対する間違った批判

あなたと私

全て一緒に見てきた

互いの心のおもむくままに

だけど私達の場合

無理にハッピーエンドを

装っている

 

 

<ENDGAME>

[MOLOKOV]

How straightforward the game

When one has trust in one’s player

And how great the relief

Working for one who believes in

Loyalty, heritage, true to his kind come what may

 

[FREDERICK]

Though it gives me no joy

Adding to your satisfaction

You can safely assume

Your late unlamented employee

Knows if he wins then the only thing won is the chess

 

[MOLOKOV]

It’s the weak who accept

Tawdry untruths about freedom

Prostituting themselves

Chasing a spurious starlight

Trinkets in airports sufficient to lead them astray

 

[FLORENCE]

Does the player exist

|n any human endeavour

Who’s been known to resist

Sirens of fame and possessions?

They will destroy you, not rivals, not age, not success

 

[ANATOLY]

They all think they seeaman

Who doesn’t know

Which move to make

Which way to go

Whose private life

Caused his decline

Wrecked his grand design

Some are vicious, some are fools

And others blind

To see in me one of their kind

Anyone can be

A husband, lover

Sooner them than me

When they discover

Their domestic bliss is

Shelter for their failing

Nothing could be worse

Than self-denial

Having to rehearse

The endless trial

Of a partner’s rather sad

Demands prevailing

 

[SVETLANA]

As you watch yourself caring

About a minor sporting triumph, sharing

Your win with esoterics,

Paranoids, hysterics

Who don’t pay any attention to

What goes on around them

They leave the ones they love the way they found them

A normal person must

Dismiss you with disgust

And weep for those who trusted you

 

[ANATOLY]

Nothing you have said

Is revelation

Take my blues as read

My consolation -

Finding out at last my one true obligation

(The crowd cheer)

 

[SVETLANA+CROWD]

Listen to them shout!

They saw you do it

In their minds no doubt

That you’ve been through it

Suffered for your art but

In the end a winner

Who could not be stirred?

Such dedication

We have never heard

Such an ovation

Skill and guts a model

For the young beginner

They’re completely enchanted

But they don’t take your qualities for granted

It isn’t very often

That the critics soften

Nonetheless you’ve won their hearts

How can we begin to

Appreciate the work that you’ve put into

Your calling through the years

The blood, the sweat and tears, the

Late late nights, the early starts

There they go again!

Your deeds inflame them

Drive them wild, but then

Who wants to tame them?

If they want a part of you

Who’d really blame them?

(The crowd cheer louder still)

 

[ANATOLY]

And so you’re letting me know

 

[SVETLANA]

For you’re the only one who’s never suffered anything at all

 

[ANATOLY]

How you’ve hated my success

 

[SVETLANA]

Wei I won’t crawl

And you can slink back to your pawns and to your tarts

 

[ANATOLY]

And every poisoned word shows that you never understood

Never!

 

[SVETLANA]

Liar!

 

[BOTH]

Nothing you have said

Is revelation

Take my blues as read

My consolation

 

[SVETLANA]

Finding out that I’m my only obligation

 

[ANATOLY]

Is there no-one in my life

Who does not claim

The right to steal

My work, my name

My success, my fame

And my freedom?

 

 

<You And I [Reprise]>

[FLORENCE]
This is an all too familiar scene.

[ANATOLY]
Life imperceptibly coming between.

[BOTH]
Those whose love is as strong
As it could or should be.

[FLORENCE]
I’d give the world
To stay just as we are–
It’s better by far

[BOTH]
Not to be too wise
As we realize
There was truth
And there were lies.

[ANATOLY]
Knowing I want you,
Knowing I love you,
Cannot compare to my despair
Knowing I’ve lost you.

[FLORENCE]
I’ve been a fool to allow
Dreams to become
Great expectations.

[ANATOLY]
How can I love you so much,
Yet make no move?

[BOTH]
There will be days and nights
When I’ll want you
More than I’ll want to.

[ANATOLY][FLORENCE]
More than I More
Should Than I should
Oh, how I love you. Oh, I love you.

[BOTH]
You and I,
We’ve seen it all,
Chasing our hearts’ desire,
But we go on pretending
Stories like ours
Have happy endings.

[ANATOLY]
You could not give me
More than you gave me.
I dont know why
I’m standing by
Watching this happen.

[FLORENCE]
I won’t look back any more
And if I do–
Just for a moment.

[ANATOLY]
I can’t imagine time
When I won’t care.

[BOTH]
But here we are today,
And it’s over.
Hold me and tell me
We’ll meet again–
One happy moment.

You and I,
We’ve seen it all,
Chasing our hearts’ desire,
But we go on pretending
Stories like ours
Have happy endings.

 


ホームページ作成ホームページ制作京都
All contents on this site  c 1972-2012 ABBA MUSIC & MUSICAL IN JAPAN.
Please ask permission in writing before using anything published on this website.