ABBAオフィシャルファンクラブ日本支部のホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

劇団四季『マンマ・ミーア!』⑨「ギミー!ギミー!ギミー!」

女子だけのパーティに3人のパパ候補が乱入する。そしてソフィを捉まえては、なぜ自分が今、ここに居るのか、質問してくる。困ったソフィは友人の協力も経て、核心部分には触れないようにする…

<ツウの観方>

・サムはソフィに何を聞くか?

・ハリーはソフィに何を聞くか?

・ビルはソフィに何を聞くか?

・男たちがソフィに何かを聞いている間に、他の者は何をしているか?

・男たちの中で誰が一番驚くか?

劇団四季『マンマ・ミーア!』再演記念⑨「ギミー!ギミー!ギミー!」

http://www.youtube.com/watch?v=T4aEl1wui9U

<GIRLS>

Is there a man out there?

Someone to hear my prayer

Gimme! Gimme! Gimme!

A man after midnight

Won’t somebody help me chase the shadows away?

Gimme! Gimme! Gimme! A man after midnight

Take me through the darkness to the break of the day

<SOPHIE>

Sorry to drag you away

<SAM>

Thank God you did, this used to be

a quiet wee island.

<SOPHIE>

Regretting you stayed away so long?

<SAM>

No, I’m regretting I never knew

what was here.

<SOPHIE>

What?

<SAM>

This plave – the Taverna. I always

meant to come back and build it

some day, but – she beat me to it.

<SOPHIE>

Do you prefer buildings to people?

<SAM>

What?!

<SOPHIE>

Tell me something about my mum.

<SAM>

Your mum was irresistible, a one-off.

We talked and we fought – you

know it was me that brought her to

this island?

<SOPHIE>

That wasn’t the only thing you did,

was it?

<SAM>

Oh right, what has she told you?

<SOPHIE>

Nothing. She’s never mentioned

you.

<SAM>

But you said “Mum’s always talking

about her friends from the old

days.” What’s going on? Sophie,

why am I here?

<GIRLS>

Is there a man out there

Someone to hear my prayer

Gimme! Gimme! Gimme!

A man after midnight

Won’t somebody help me chase the shadows away?

Gimme! Gimme! Gimme!

A man after midnight

Take me through the darkness to the break of the day

<HARRY>

Fancy Donna with a grown-up

daughter!

<SOPHIE>

Have you got any children, Harry?

<HARRY>

No. I haven’t put myself in the path

of paternity.

<SOPHIE>

It’s never too late.

<HARRY>

I don’t think my other half would

agree.

<SOPHIE>

Oh – you don’t want children?

<HARRY>

No, no, it’s not like that. It’s just that:

: well, I’d have liked a daughter. I’d

have spoiled her to bits.

<SOPHIE>

Lucky thing.

<HARRY>

Is your Dad here?

<SOPHIE>

I don’t know.

<HARRY>

What?

<SOPHIE>

I don’t know who my Dad is.

<GIRLS>

Is there a man out there?

Someone to hear my prayer:

<BILL>

Can I be nosey, I’m a writer so it

goes with the territory.

<SOPHIE>

Go on.

<BILL>

How did your mother get this place?

When I knew her

she was singing in a night-club on

the mainland.

<SOPHIE>

She was left some money, in a will.

We lived with an old lady when I

was little. Her name was Sophia?

<BILL>

What, my Great-Aunt Sophia?

<SOPHIE>

I think it must be.

<BILL>

But: I always heard her money

went to: family:

Wait a minute – how old are you?

<SOPHIE>

Twenty.

<GIRLS>

Gimme! Gimme! Gimme!

A man after midnight

Won’t somebody help me chase the shadows away?

Gimme! Gimme! Gimme!

A man after midnight

Take me through the darkness to the break of the day

☆ABBA「ギミー!ギミー!ギミー!」トリビア☆

今ではマドンナの代表曲「ハング・アップ」にサンプリングされた大ヒット曲としての印象が強いのがこの曲。ベルギーとフィンランド、フランス、アイルランド、スイスでナンバー・ワンを獲得したほか、オーストリアとオランダ、ノルウェイで2位、ドイツとイギリスで3位、オーストラリアで8位をマークしている。日本では1位を獲得。当時のABBAにとって日本における最大のヒット・シングルとなった。

実は、もともとABBAは新曲として、本作を含む3作品を候補に挙げていた。1つがバラード・ナンバーの「レディ・バード」だったが、バッキング・トラックのレコーディングが完成した段階でボツになってしまった為、具体的にどのような楽曲だったのかは分からない。

次に有力な候補だったのが「ラバー・ボール・マン」という作品。こちらはアグネタとフリーダのヴォーカルをフューチャーしたデモ・ヴァージョンまで制作された。その後「アンダー・マイ・サン」というタイトルに変更され、よりABBAらしいポップでライトなアレンジが施された。フリーダのソロによるデモ・ヴァージョンも吹き込まれ、北米ツアーのリハーサルでも演奏されたものの、最終的にはこちらもボツになってしまった。

最後に残ったのが、この「ギミー!ギミー!ギミー!」である。もともとのオリジナル・タイトルは「ビーン・アンド・ゴーン・アンド・ダン・イット」。この頃、ABBAお得意のシンセサイザーのリフが強烈なインパクトとなっている。ABBAのディスコ・ナンバーの中で当時の彼らが黒人音楽のリズム感を確実に掴んでいたことを証明している。それゆえ「サマー・ナイト・シティ」や「ヴーレ・ヴー」を遥かに上回る大ヒットを記録したのだろう。中でも、中盤のベース・ギターとストリングス、コーラスの幻想的な絡みは出色の出来栄えだ。ライヴでは、この場面を特別扱いとして、オーディエンスに披露している。

ただ、ビヨルンとベニーの2人にとっては、それほど思い入れのある作品ではなかったようだ。特にベニーはこの作品についてかなり否定的で「唯一良かったのは(自分がシンセサイザーを使った)インスト・パートだけさ。あれは独創的だった。マドンナがサンプリングしたいと思ったのも不思議じゃないね」と語っている。

そもそもは、79年の『ワールド・ツアー』でセレクトした楽曲の中で今一つ何かが足らない気がして、作られた曲であった。ゆえにアルバム『ヴーレ・ヴー』には入らなかった。だが、結果的には1979年、ABBAにとっての最大のヒットとなった。

劇団四季『マンマ・ミーア!』再演記念⑨「ギミー!ギミー!ギミー!」(ABBA版)

http://www.youtube.com/watch?v=XEjLoHdbVeE

http://www.youtube.com/watch?v=RLtU7aOnp2U

(1979年、ロンドン・ウェンブリーアリーナ・LIVE)


ホームページ作成ホームページ制作京都
All contents on this site  c 1972-2012 ABBA MUSIC & MUSICAL IN JAPAN.
Please ask permission in writing before using anything published on this website.