ABBAオフィシャルファンクラブ日本支部のホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

劇団四季『マンマ・ミーア!』⑪「ヴーレ・ヴー」

明日のエスコートはビルに決まりかけたと思われたが、ハリーも、サムも、なぜこの島に呼ばれたのか?それぞれ納得し始める。パパはビルではなかったのか?ソフィはパーティの中、混乱し、迷走へと入っていく…そんなソフィの気持ちを知らず、パーティは盛り上がる。

<ツウの観方>

・この曲は「誰」の「どういう言葉」で始まるか?

・ソフィはスカイから何かをもらうが、それは何か?

・ソフィはサムからあることを言われる。何と言われたのか?

・ソフィはハリーから何か言われる。何と言われたのか?

・最後に、ソフィはどうなってしまうのか?

・ソフィ以外の人達はどんな動きをして前半を終えるのか?

劇団四季『マンマ・ミーア!』再演記念⑪「ヴーレ・ヴー」

http://www.youtube.com/watch?v=6HjS1s9QuZk

<COMPANY>:

People everywhere

A sense of expectation

Hangin’ in the air

Givin’ out a spark

Across the room your eyes

Are glowin’ in the dark

And here we go again

We know the start

We know the end

Masters of the scene

We’ve done it long before

And now we’re back

To get some more

You know what I mean

Voulez-vous

Take it now or leave it

Now is all we get

Nothing promised

No regrets

Voulez-vous

Ain’t no big decision

You know what to do

La question

C’est voulez-vous

Voulez-vous

And here we go again

We know the start

We know the end

Masters of the scene

We’ve done it long before

And now we’re back

To get some more

You know what I mean

<Voulez-vous>

Take it now or leave it

Now is all we get

Nothing promised

No regrets

<SAM>

Sophie, I won’t beat about the bush

I know why I’m here.

<SOPHIE>

Sam?

<SAM>

: and I have to tell you, I think it’s

brilliant! I’ve always wanted a little

girl, and a big one’s even better:

<SOPHIE>

Oh no, but, Sam – I:

<SAM>

I know, I know I’m rushing things –

Listen, doues your mum know you

know?

<SOPHIE>

God, no – she can’t –

<SAM>

Indeed. Who’s giving you away?

<SOPHIE>

: no-one –

<SAM>

Wrong. I am.

<SOPHIE>

You!

<SAM>

Yeh. Now don’t worry about Donna,

she doesn’t scare me: much!

<COMPANY>

Voulez-vous

Ain’t no big decision

You know what to do

La question

C’est voulez-vous

Voulez-vous

<HARRY>

Oh, my God – I’ve got it! Talk about

slow on the uptake! I’m your Dad!

<SOPHIE>

Harry:

<HARRY>

No, the penny’s dropped now – good

and proper – that’s why you sent me

the invitation. You want your old

Dad here, to walk you down the

aisle. Well, I’m not won’t let you

down. I’ll be there!

<COMPANY>

Voulez-vous

Take it now or leave it

Now is all we get

Nothing promised

No regrets

Voulez-vous

Ain’t no big decision

You know what to do

Pas question

C’est voulez-vous

☆ABBA「ヴーレ・ヴー」トリビア☆

1979年、とにかく日本で爆発的な大ヒットとなったディスコ・ナンバーだ。江夏一樹という日本の歌手が「熱くなれ」というタイトルでカバーしている(売れ筋の程は定かではないが)。オリエンタルなギター・リフ、簡潔で覚えやすいタイトル、それ以上にリスナー誰にでもすんなり入ってくる覚えやすいキャッチーなメロディ。あの“アハッ!”という合いの手はまさにABBA流。普通ならばサックスの演奏で処理するべき箇所だろう。「ヴォーカルも楽器のひとつとして考える」というベニーならではの絶妙なアイディアだ。

本作はビヨルンとベニーがバハマ滞在中に書き上げた作品で、マイアミでバッキング・トラックのレコーディングが行われている。ところが、それまで気心の知れた長い付き合いのミュージシャンとしか仕事をしてこなかった2人にとって、遠く離れた外国で見ず知らずのミュージシャンたちとレコーディングするというのは相当なプレッシャーだったらしく、実際に彼らとの意思疎通もなかなか上手くいかなかった。結局はストックホルムに戻ってからレコーディングをやり直し、マイアミでレコーディングした音源は実は一部しか使われなかった。

アルバムからのサード・シングルとしてリリースされた「ヴーレ・ヴー」だが、低調なセールス結果だった。日本ではもちろん1位を獲得し大ヒットを記録したものの、当時ナンバー・ワンは当たり前と思われていたイギリスでは最高3位。また、デビュー当時からABBA人気の高かったドイツでも14位、熱狂的なABBA・マニアの吹き荒れていたオーストラリアではなんと79位という低調ぶり。欧州でナンバー・ワンを獲得したのはベルギーのみで、オランダでは4位、フランスとスペイン、スイスでは9位をマークするのがやっとだった。では、「ヴーレ・ヴー」は失敗作だったかと言えば、そのようなことはなく、ただ「ABBA“も”ディスコ?」と、今までポップスの歴史を塗り替えてきたABBAだっただけに、「所詮、ABBAも世間に迎合するグループだったのか」と欧州では、反感の目で見られていたようだ。本国スウェーデンでは「結局、ABBAもなんだかんだいって、商業主義に巻き込まれだけじゃないか」と非難されることもしばしばあった。ABBAはただただ、音楽を愛し、自分たちが作りたいと思った曲を提供して来ただけなのに、生涯“唯一”となるディスコソングのアルバム『ヴーレ・ヴー』、その中でも中心の「ヴーレ・ヴー」は、前作『ジ・アルバム』からのあまりの変貌さに戸惑いを見せた欧州ファンのささやかな抵抗だったのかもしれない。「餅は餅屋」。ABBAはディスコなぞの色に染まってほしくなかったと当時は捉えていたようだ。

劇団四季『マンマ・ミーア!』再演記念⑪「ヴーレ・ヴー」(ABBA版)

http://www.youtube.com/watch?v=za05HBtGsgU

http://www.youtube.com/watch?v=FtdDrOVWQb4

(1979年秋、ロンドン・ウェンブリーアリーナ・LIVE)


ホームページ作成ホームページ制作京都
All contents on this site  c 1972-2012 ABBA MUSIC & MUSICAL IN JAPAN.
Please ask permission in writing before using anything published on this website.