ABBAオフィシャルファンクラブ日本支部のホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

劇団四季『マンマ・ミーア!』⑬「ワン・オブ・アス」

ソフィは悪夢を見るし、心配しても自分に逆らうし。朝からドナは一人寂しさを感じていた。一体、私の21年間は何だったのか?遊びもせずにホテル経営と、ソフィを立派に育てることだけに専念してきたのに…。結婚式の当日、しかも朝に、ソフィと喧嘩してしまうなんて。ドナは急に孤独になった。

<ツウの観方>

・ドナはどんな服を着ているか?

・ドナは暫く無言だ。どうしてか?

・ソフィは歌いだす。どこで歌うのか?

・ドナが一人歌っていると誰かがやってくる。誰か?

・ドナはその人物とどういう話をするか?そしてどんな気持ちになるか?

劇団四季『マンマ・ミーア!』再演記念⑬「ワン・オブ・アス」

http://www.youtube.com/watch?v=y_8O9RV2n6Q

http://www.youtube.com/watch?v=8zw3HIito8I

<DONNA>

They passed me by

All of those great romances

Because of your

Robbing me

Of my rightful chances

My picture clear

Everything seemed so easy

But the you dealt me the blow

One of us had to go

How you hurt me

I want you to know

One of us is crying

One of us is lying

In her lonely bed

Staring at the ceiling

Wishing she was somewhere else instead

One of us is lonely

One of us is only

Waiting for a call

Sorry for herself

Feeling stupid

Feeling small

Wishing you had

Never left at all

Never left at all

<SAM>

Donna. What’s the rush?

<DONNA>

The wedding.

<SAM>

Oh yeah, about this wedding, why

didn’t you tell me it was Sophie

getting married.

<DONNA>

That is absolutely none of your

business.

<SAM>

And what’s this Sky guy like? Is he

good enough for her?

<DONNA>

And that is none of your business

either.

<SAM>

Alright, be a bloody martyr, listen,

I’ve got kids, I know it’s hard for

you doing it on your own.

<DONNA>

Don’t bloody patronise me. I love

doing it on my own – every morning.

I wake up and thank Christ I

haven’t got some middle-aged,

menopausal man to bother me – I’m

free, I’m single and it’s great!

☆ABBA「ワン・オブ・アス」トリビア☆

日本のABBAファンにとっては、この曲を聴くたびに「やっぱりABBA」というフレーズを口ずさむ。それほどまでに印象的だった作品だが、内容は「ザ・ウィナー」ほどでもないが、ビヨルンとアグネタの離婚が大きく影響している。アグネタの「アーア、アーア」と言うハイトーンと南欧風のマンドリンで始まるこの作品は、ポルトガルのような地中海地方で朝、井戸に洗濯に行く女性をモチーフにして曲を書き上げたそうだ。

悲しい別れの歌であることは間違いない。かつてのようなハイカラなキャッチーで快活なイメージはない。

ファースト・シングルをどうしようと考えていた時、ビヨルンだけが「ワン・オブ・アス」を押した。マネージャーのスティッグとベニーは猛反対した。だが、なかなか次回作を出してこなかったABBAに対して、世界中のレコード会社から催促があり、結局「ワン・オブ・アス」をファースト・シングルとしてリリースした。

アルバム・リリースから半月後にシングルとして発売され、イギリスでは3位、ベルギーとオランダ、西ドイツ、アイルランド、コスタリカで1位、スウェーデンで2位、オーストリアとスイスで3位、南アフリカで4位、ノルウェイで6位、スペインで7位、フランスで8位という大ヒットを記録。その一方、フィンランドで17位、オーストラリアで48位、ニュージーランドで43位と、かつて絶大な人気を誇ったマーケットで惨敗するという結果に。ちなみに日本では4位が最高だった。

劇団四季のミュージカル『マンマ・ミーア!』で、ドナを演じた全女優にインタビューしたが、とにかくこの曲を歌いこなすのは並大抵の練習では表現しきれなかったらしい。ABBAの曲はどの曲を歌いこなすのは至難の業だが、こと『マンマ・ミーア!』を取り上げて言えば、一番難しい歌なようだ。

尚、「ワン・オブ・アス」は、なぜかアルバム発売から1年以上も経ったアメリカで、83年2月にシングル発売された。最高107位だった。私事で恐縮だが筆者は高校卒業式のクラス卒業証書授与の曲を「ワン・オブ・アス」にした。

劇団四季『マンマ・ミーア!』再演記念⑬「ワン・オブ・アス」(ABBA版)

http://www.youtube.com/watch?v=IIKAe8Wi0S0


ホームページ作成ホームページ制作京都
All contents on this site  c 1972-2012 ABBA MUSIC & MUSICAL IN JAPAN.
Please ask permission in writing before using anything published on this website.