ABBAオフィシャルファンクラブ日本支部のホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

劇団四季『マンマ・ミーア!』⑮「ダズ・ユア・マザー・ノウ」

ターニャが酔い覚ましに日光浴をしているとペッパーが「昨晩の続きをしよう」とカクテルを持ってくるがターニャは軽くあしらう。ロージーとビル一行が魚釣りから帰ってくる。そして自分達で一方的に盛り上がって逃げて行ってしまう。ハリーが来てターニャに質問する。「結婚式にパパがすることは何か?」と。ターニャは数々の結婚離婚当時の思い出話をする。ハリーは納得して帰って行く。ついにターニャも女性陣とソフィの結婚式に向けての準備をしとうと立ち上がる。ペッパーは何とか自分に振り向いてもらうおと必死になるが…

<ツウの観方>

・ターニャはどんな格好をしているか?

・ペッパーがターニャに持ってきた飲み物は何か?

・ロージーとビルはどんな会話をしていたか?

・ロージーとビルはどうして去っていくのか?

・ハリーはどうして、ターニャに、結婚式のパパの行いを聞いたのか?

・ターニャも女性陣とソフィの結婚式の準備をする為に去ろうとするが、何しに行こうとするのか?

・ターニャが去ろうとした時、ペッパーは何をするのか?

・ペッパーはターニャの大事な部分を触ってしまう。何をしたのか?

・他の男性陣はターニャに何をしたのか?

・浜辺に置いてある船の名前は何と言うか?

劇団四季『マンマ・ミーア!』再演記念⑮「ダズ・ユア・マザー・ノウ」

http://www.youtube.com/watch?v=qefnmCJI8IM

http://www.youtube.com/watch?v=iQfU3kqDTMM

http://www.youtube.com/watch?v=bq3HIQS2oPI

<TANYA>

You’re so hot

Teasing me

So you’re blue but I can’t

Take a chance on a kid like you

It’s something I couldn’t do

There’s that look

In your eyes

I can read in your face

That your feelings are driving you wild

But boy you’re only a child

Well, I could dance with you honey

If you think it’s funny

But does your mother know that you’re out?

And I could chat with you baby

Flirt a little maybe

But does your mother know that you’re out?

<PEPPER>

Take it easy:

<TANYA>

Take it easy

Better slow down boy

That’s no way to go

Does your mother know?

<PEPPER>

Take it easy

<TANYA>

Take it easy

Try to cool it boy

Take it nice and slow

Does your mother know?

I can see

What you want

But you seem pretty young

To be searching for that kind of fun

So maybe I’m not the one

Now, you’re so cute

I like your style

And I know what you mean

When you give me a flash of that smile

But boy you’re only a child

<EVERYONE>

Well, I could dance with you honey

If you think it’s funny

Does your mother know that you’re out?

And I could chat with you baby

Flirt a little maybe

Does your mother know that you’re out?

<PEPPER>

Take it easy

Better slow down girl

That’s no way to go

<EVERYONE>

Does your mother know?

<PEPPER>

Take it easy

Try to cool it girl

Play it nice and slow

<EVERYONE>

Does your mother know?

Well, I could dance with you honey

If you think it’s funny

But does your mother know that you’re out?

And I could chat with you baby

Flirt a little maybe

But does your mother know that you’re out?

Well, I could dance with you honey

If you think it’s funny

But does your mother know that you’re out?

And I could chat with you baby

Flirt a little maybe

But does your mother know that you’re out?

☆ABBA「ダズ・ユア・マザー・ノウ」トリビア☆

ミュージカル『マンマ・ミーア』、特にブロードウェイでは一番盛り上がるのが「ダズ・ユア・マザー・ノウ」の場面だ。ヤマハのアナログ・シンセサイザーを使ったイントロの強烈なベースラインは、このころから“ABBA・サウンドの特徴(トレード・マーク)”となった。ビヨルンがリード・ヴォーカルを担当しているといるが「アクセントをつけると言う意味で、アルバムの中で一曲は僕がリード・ヴォーカルを担っていたんだ」と語っている。

もともとのタイトルは「アイ・キャン・ドゥ・イット」。バハマ滞在中にメロディを書き上げ、ストックホルムに戻ってからバッキング・トラックを完成させた上で、歌詞とタイトルが書き上げた。歌詞のヒントとなったのはビヨルンの読んだ新聞記事で、若い女の子に翻弄される中年男の話。当初はアグネタとフリーダにヴォーカルを任せようと考えていたビヨルンだが、歌詞の内容が女性には不向きだと判断。結果的にはビヨルンのヴォーカルで成功だったように思える。

アルバムからのセカンド・シングルとして79年4月に同時リリースされ、ベルギーでナンワー・バンになったほか、アイルランドで3位、イギリスとオランダで4位、スイスで6位、オーストラリアで7位、カナダで8位、ジンバブエで9位、ドイツで10位をマーク。アメリカでも最高19位にランクされる中ヒットとなった。

ちなみに、ビヨルン曰く「今になって考えると、女性陣が歌ったほうがもっとヒットしていたかもしれない」。ビヨルン(ABBA)特有の“照れ”だ。

劇団四季『マンマ・ミーア!』再演記念⑮「ダズ・ユア・マザー・ノウ」(ABBA版)

http://www.youtube.com/watch?v=WkL7Fkigfn8

http://www.youtube.com/watch?v=q_u08VHRSCU

(1979年秋・ロンドン・ウェンブリーアリーナ)

http://www.youtube.com/watch?v=sL8AY_RuJeo


ホームページ作成ホームページ制作京都
All contents on this site  c 1972-2012 ABBA MUSIC & MUSICAL IN JAPAN.
Please ask permission in writing before using anything published on this website.