ABBAオフィシャルファンクラブ日本支部のホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

劇団四季『マンマ・ミーア!』⑱「スリッピング・スルー」

ソフィは花嫁衣装を持って、ドナのもとに訪れる。ソフィとドナは和解する。とうとうお嫁さんになるソフィを見て、ドナは懐古する。20年間の苦労も悲しみも何もかもが思い出だ。ドナはソフィの髪をときながら、母としての悲しみを味わう。そして、ドナはソフィに、花嫁衣装に体を通すように提案する。花嫁衣装を着たソフィは、美しかった。母と娘。永遠にこの関係は変わらずとも、ソフィは母の元をもうすぐ去る…

<ツウの観方>

・ソフィとドナはどのようにして和解するか?

・ドナはソフィに何をしてあげるか?

・ソフィの花嫁衣装にドナは何かすようとするが、何をしようとするのか?

・ソフィの花嫁衣装はどのような形をしていたのか?

・最後に二人はどうなるのか?

 

劇団四季『マンマ・ミーア!』再演記念⑱「スリッピング・スルー」

http://www.youtube.com/watch?v=Zi7OXmTmgGg

http://www.youtube.com/watch?v=7foKzrhPEZU

<DONNA>

 Schoolbag in hand

 She leaves home in the early morning

 Waving goodbye

 With an absent-minded smile

 I watch her go

 With a surge of that well-known sadness

 And I have to sit down for a while

 The feeling that I’m loosing her forever

 And without really entering her world

 I’m glad whenever I can share her laughter

 That funny little girl

 Slipping through my fingers all the time

 I try to capture every minute

 The feeling in it

 Slipping through my fingers all the time

 Do I really see what’s in her mind

 Each time I think I’m close to knowing

 She keeps on growing

 Slipping through my fingers all the time

 Sleep in our eyes

 Her and me at the breakfast table

 Barely awake

 I let precious time go by

 Then when she’s gone

 There’s that odd melancholy feeling

 And a sense of guilt

 I can’t deny

 What happened to the wonderful adventures

 The places I had planned for us to go

 Well some of that we did

 But most we didn’t

 And why I just don’t know

 Slipping through my fingers all the time

 I try to capture every minute

 The feeling in it

 Slipping through my fingers all the time

 Do I really see what’s in her mind

 Each time I think I’m close to knowing

 She keeps on growing

 Slipping through my fingers all the time

<DONNA & SOPHIE>

 Sometimes I wish that I could freeze the picture

 And save it from the funny tricks of time

 Slipping through my fingers –

<DONNA>

 Schoolbag in hand

 She leaves home in the early morning

 Waving goodbye with an absent-minded smile

 

☆ABBA「スリッピング・スルー」トリビア☆

かつてビヨルンとアグネタがまだ夫婦だった頃、ビヨルンはABBAの楽曲制作であまりにも多忙を極め、子育てはアグネタにまかせっきりだった。そんなある日(1980年)娘リンダを見送ったビヨルンは、途中で何度も何度も振り返り手を振るリンダの姿を見て、胸が締め付けられる思いになった。今まで味わったことのない悲しさと寂しさ。そう、リンダは、赤ちゃんからあっという間に大きくなり、やがては自分(親)の元を離れていくのだ。それはビヨルンにとって、今まで親として何もしてこなかった後悔と、いずれはどこかの男に奪われ、自分のそばから離れて行ってしまう親ならではの悲しみが一瞬のうちに襲ってきたのだ。「あの子はどんどん成長していくのね、私の手からすり抜けて…」もう一人の本当の親のアグネタがいつも以上に情感を込めて歌い上げている。ミュージカル『マンマ・ミーア』では結婚式直前、ドナとソフィがようやく仲直りし、歌い上げているが、実は、この詩はビヨルンの感情を表現した作品である。だが詩の内容にあるように、誰でも涙するシーンであり、『マンマ・ミーア!』では、観客席から、すすり泣く声が一番聴こえるシーンだ。

劇団四季『マンマ・ミーア!』再演記念⑱「スリッピング・スルー」(ABBA版)

http://www.youtube.com/watch?v=eyotdaQ9V2Q


ホームページ作成ホームページ制作京都
All contents on this site  c 1972-2012 ABBA MUSIC & MUSICAL IN JAPAN.
Please ask permission in writing before using anything published on this website.