ABBAオフィシャルファンクラブのホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

映画『マンマ・ミーア!3』にはABBAの新曲が入り、3部作で終わり!?

「『マンマ・ミーア3』にはABBAの新曲が入り、必ず制作されるわ」。『マンマ・ミーア!』の統括プロデューサーであるジュディ・クレイマーは語ります。年内には発表予定のABBAの新曲を使用したいとジュディは発言しています。
それでは『MAMMA MIA!3』はいつから制作されるのでしょうか?

『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』はまさかの短命で終わりました。ミュージカルと映画と両作品に関わったプロデューサーは『マンマ・ミーア!3』がいつか実現する可能性が非常に高いことを明らかにしています。
Daily Mailによると、ジュディはロックダウン中に3作目について考えたいと思っていたようですが、集中するのが難しいことを認めています。とはいえ
「いつか『マンマ・ミーア!3』制作発表があると思うわ、だって3部作になるはずだもの」
「ユニバーサルが私にやらせたいと思っているのはわかっているのよ」
と『マンマ・ミーア!3』が制作の段階に入ったことを認めています。 実際、ジュディはベニーとビヨルンが書き下ろしたABBAの新曲を映画に使用したいと考えています。新曲は今年の後半にリリースする予定です。新曲は4曲になることもあり得るようです。

昨年、ビヨルンは『マンマ・ミーア!3』が実際にありうることをポロリと語ってしまい、世界中を驚かせました。
その後、ビヨルンは『マンマ・ミーア!3』への軽はずみな発言を訂正しました。
しかし、またまたその後、マジックラジオに出演した際、現在75歳のビヨルンは「3作目がない?そんなことはないと思うよ。実際に1作目の後に2作目はないと言われていたんだよ。でも、2作目はあったじゃないか。なぜ2作目を作ったかというと、オル・パーカーとリチャード・カーティスがこのアイデアを思いついたからだよ。誰かが『マンマ・ミーア!3』のアイデアを思いついたら、僕がその脚本を見てみようと思っているんだよ」と語っています。

では『マンマ・ミーア!3』のタイトルは?
ファンは『マンマ・スリーア』や『Knowing 3 Knowing You』などのジョークを提案していますが、面白いタイトルはさておき、『マンマ・ミーア!3』というオーソドックスなタイトルを考えられます。アンディ・ガルシアが提案したシェールとのフェルナンド・スピンオフの話ではありません。『マンマ・ミーア!3』も『マンマ・ミーア!』の名称を中心にすべきだと思うわけです。例えば『マンマ・ミーア!サンキュー・フォー・ザ・ミュージック』などありうるでしょう。この名称はとてもインパクトがあり、ファンを喜ばせるはずです。その理由は以下のとおりです。
第一に、他の曲のようにバカっぽく聞こえません。第二に、この曲名は有名なABBAの曲名そのものだからです。
第三に、『マンマ・ミーア!』の映画が『ミュージカ』ルであるという事実に基づいています。
第四に、それは最初の2つの映画を橋渡ししたものでした『マンマ・ミーア!』のエンドクレジットは、アマンダ・セイフライドが『サンキュー・フォー・ザ・ミュージック』を歌っていて、続編は彼女が同じトラックを歌うところから始まるわけです。
そして5つ目に、そして最も説得力のあるタイトルは、映画を通した晴れやかで楽しい時間を振り返ることができるからです。

『マンマ・ミーア!3』に登場する可能性のあるABBAの新曲については、2つのシングルの名前がわかっています。それは「I Still Have Faith in You」と「Don’t Shut Me Down」です。

昨年、ある情報筋がExpress.co.ukに語ったところによると、アルバムも制作されているとのことで、ABBAの全く新しいアルバム、つまり『ABBA9枚目のアルバム』になる可能性があるかもしれません。
その関係者は次のように語っています。
「ベニーはこれまでに8曲の全くオリジナルの新曲を書いてきました。そのうちの5曲は完全にレコーディングされたもので、アグネタとフリーダはヴォーカルを担当したばかりです」
「2人のB(ビヨルンとベニー)はこれまでのところ公式発表では、アルバム制作をこっそりと演じてきましたが、実はこれ以上に驚くべきことが起こっているのです。つまり、ファンをあっと言わせるようなことが舞台裏で起こっているのです」。

https://www.express.co.uk/entertainment/films/1298505/Mamma-Mia-3-new-ABBA-music-Judy-Craymer-interview


ホームページ作成ホームページ制作京都