ABBAオフィシャルファンクラブ日本支部のホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

TBS『ふしぎ発見』今週12日土曜日から再開!国王、王妃、ABBAに未だ謝罪せず!

しばらく放送がなかったTBS『ふしぎ発見』が今週12日土曜日より放送を再開する。未だスウェーデン国王、王妃、そしてABBAに訂正も謝罪もない当番組の姿勢に世界から注目が集まっている。http://www.tbs.co.jp/f-hakken/

周知のとおり、ABBAが否定しているにも関わらず、9月7日土曜日放送のTBS『ふしぎ発見』では「グスタフ国王はシルヴィア王妃にABBAの『ダンシング・クイーン』をプレゼントした」と堂々とデマを流した。当初はABBAや『マンマ・ミーア!』ファンだけの騒動であったが、その後、NHKも同じ失態をする有様。今や「国民的関心ごと」となった。

今日現在、ABBAやこの番組を告発した当クラブにはTBSから「何の謝罪」もなければ「何の説明」もない。このままTBSが逃げ切り、知らん顔して番組を作り続けるのか?12日土曜日の放送が注目されている。

ABBAファンはABBAの人気が出始めた1976年(当オフィシャルクラブ発足)頃から現在まで「大量のABBAのデマ」を流され、そのたびに悔しい思いをし、また「ビートルズファン・ロックファンからは暴行・暴言・バカ扱い」を受けるという“非道”を甘受してきた。本来、これらを取り締まるはずのユニバーサル・ミュージックは何も注意せず、『ABBAファンを見捨てた』。仕方なく、当クラブは「日本におけるABBA情報の正常化」に乗り出すと、筆者は日本のメディア、ABBAのデマを流した年上輩から「袋叩き」にあってきた。そして最も驚いたのが「ユニバーサル・ミュージックとNHKの『一部』の社員(役員)の指示による警察からの筆者宅襲撃事件(2回)」。2009年春「悪性リンパ腫から奇跡的に生還」した筆者を「タヘリまゆみ」という「詐欺師」が「毎日8時間」「半年間にわたり筆者の悪口のいたずら電話」をNHKとユニバーサルに刊行し、『一部』のユニバーサル・ミュージック・NHK社員がタヘリに便乗!筆者宅を襲撃し、あわよくば筆者を「この世から消そう」とした。そして筆者は「障碍者2級」となってしまった。それでもABBAのため、『マンマ・ミーア!』のため、『CHESS』『クリスティーナ』『BAO』のために筆者は何度もNHKやユニバーサル・ミュージックに「手紙」を出し、“タイアップ”を求めてきたが、いまだに「謝罪」どころか「返事すらない」。だが筆者は「取材費は自費」で“35年の長きに渡り”ABBAや『マンマ・ミーア!』『CHESS』『クリスティーナ』『BAO』の取材はやめず、すべての情報を日本の皆様に“無償”で提供し続けてきた。「お前はお人よしすぎる」と友人からはあきれられている……。

なぜNHKやユニバサルはたとえ「一部の社員が起こした事件」とは言え、一言「すまなかったなあ」と言えないのか?タヘリにいたずら電話された劇団四季、東宝東和、および各メディアは即「警察に被害届」を出したのに、NHKやユニバーサル・ミュージックは未だに警察に被害届を出していない。ABBAファンによるとタヘリは「アメックス」で“多額の詐欺事件”行ない、アメックスから指名手配を受けている。(ABBAファン・タヘリ事情通によると)現在タヘリは「性的提供」をする仕事をしているらしいが、NHKもユニバーサルも「タヘリに悩殺」「タヘリに食われて」しまったというのか?

20年前までは「我こそは日本におけるABBAの第一人者」という人がNHKにいて、NHKの『ABBA番組』はすごかった。度肝を抜いた。しかしその人がNHKを去ると、LiLiCoが「『ザ・ウィナー』は私の人生の応援歌」と言わせても訂正も謝罪もしない『ABBA番組』ができたり(「ザ・ウィナー」はABBAのビヨルンとアグネタの離婚を歌った悲しい名曲)、TBS同様「『ダンシング・クイーン』はシルヴァ王妃に捧げられた曲」と堂々とデマを言っても「謝罪すらしない」番組が次々に“世界一のメディアNHK”から出始めるようになった。

どんなにすごいメディアであろうが、レコード会社であろうが「謝罪一つできない」のはおかしい。間違ったら「謝る」べきだ。それが『コンプライアンス』の先頭を行く、NHKやTBS、ユニバーサルの“使命”ではないのか?筆者が2009年春・杏林大学病院血液内科から「ガンが完治」して退院し、ユニバーサルを訪問した時、ユニバーサルのABBA担当者は泣いてくれたではないか!その『涙』を筆者は今一度「信じて」みたい。

なお、今回のNHK、TBSの行動、およびユニバーサル・ジャパンがタヘリと組み筆者に暴行した事件はすでにABBAやABBAの周りの人たち、欧州にあるABBAファンクラブ(ユニバーサル・ミュージック支援)も知っているのでご承知おきしていただきたい。

40年以上世間からバカにされてきた『ABBAファン』、35年以上メディアなどから「暴行(口も含む)」を受けてきた筆者。皆様はどのように感じているだろうか?

天皇陛下の即位の礼がもうすぐ行なわれる。スウェーデン王室は日本の天皇家と間柄が濃い。その「スウェーデン王室」の国王と王妃を「まるで(TBSやNHKの)お友達」のように扱った『ふしぎ発見』。12日土曜日のオンエアを待つのみである。

もうTBSとABBAだけの問題ではなくなった。「日本の皇室」と「スウェーデン王室」の問題になりつつあることをお忘れなく。まさに「日本の恥」である。

なお、タヘリが現れるまでは筆者とユニバーサルは絶えず「歩調を一つ」にし『蜜月』であったことを最後に述べておきたい。


ホームページ作成ホームページ制作京都
All contents on this site  c 1972-2012 ABBA MUSIC & MUSICAL IN JAPAN.
Please ask permission in writing before using anything published on this website.